よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

ようやく戦記アニメっぽくなってきた「幼女戦記」5〜7話感想

1〜4話の感想はこちら。

www.yoshi-makasero.com

 

 

幼女戦記 第5話 「はじまりの大隊」 感想

 

オープニング無しかあ。

 

幼女のスパルタ教育回。幼女の顔芸もいつもより堪能できた。

フルメタル・パニック!ふもっふのラグビー回を思い出すが、遥かに上をいく過酷さである。

しかし、幼女の思惑は全く狙い通りに行かない。周りの人間は悉く勘違いをし、アンジャッシュのコントをみているようだ。

 

少佐に出世した幼女は、後半ではひどい蹂躙をはじめる。

数々の罵詈雑言を発する幼女は、忘れがちになるが元サラリーマンである。

わかっていたことだが、ここまで冷徹に順応できるとはさぞ有能だったのだろう。

 

案の定ビザと選手宣誓のくだりはわろた。故郷のことを忘れてはいないんだね。

 

進軍、目標は首都へ。進めるところまで進むんだってさ。

あ、いやな予感がする…

 

幼女戦記 第6話 「狂気の幕開け」 感想

 

またオープニング無しか。

話が小難しくなってきたが、要は幼女率いる203大隊のサクセスストーリーが続いている(であってるよね?)。

 

ようやく第一話の雰囲気が戻ってきて、本格的な戦争アニメになってきた感じがする。

苦戦する他の大隊に、増援として颯爽と登場しfateのアーチャーみたいなセリフを吐く幼女がなんともかっこいい。

 

魔道士同士の戦闘シーンは圧巻なのだが、小粋なセリフとともに敵を蹂躙する爆撃機を蹂躙する幼女を見て俺TUEEEEを楽しむ作品だと再確認。

 

久しぶりに存在Xも登場するが、この対面だけは無力な幼女が拝める。というかよく撃てるよな…

キャリアは順調であるものの、もっと大きな存在が立ちはだかる予感。というより、幼女の思惑通りに行くことや行かないこと、全てコントロールされているような気すらする。

 

おまけのCパートでは久々にほっこりすることができた。

 

幼女戦記 第6.5話 「戦況報告」

総集編なのでカット!

 

幼女戦記 第7話 「フィヨルドの攻防」

 

オープニング映像が久しぶりな気がするw

 

冒頭、上司に対して強気な発言で煽って行く幼女が清々しい。

作戦内容を言い当てさらっと有能アピールした後に奇襲任務へ赴き、これまた敵を蹂躙する幼女たち。

砲台を無力化するのは艦隊の攻撃を行うためか。「定時帰宅」のセリフにクスリときた。

 

なんとなくだが、幼女と部下たちの信頼関係みたいなのが芽生えている気がする。

悪態や軽口もその一環と捉えることができるだろう。

 

そしてクリスマスプレゼントのくだりでは、知らなかったとは言え幼女の残忍性が浮き彫りになる…

考え事をしながら敵を殺すのはハンターハンターのウボォーギンみたいだ。

 

珍しく、Cパートはメンタルにくる内容だった、、、

 

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.