よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

【感想】『中間管理録トネガワ』は、カイジ本編を読んでいなくても面白いのか?

 

このマンガがすごい!2017 オトコ編 第1位の作品

ネット界隈を中心に話題になっているこの作品。色々なところで目にし、前から非常に心惹かれる気持ちがありました。

ただ僕は、肝心のカイジ本編を読んだことがありません。

そのような状況で、敢えて4巻まとめ買いして挑戦してみました。カイジ未読の僕の観点から、楽しむことができたのか?を中心に作品をご紹介出来ればと思います。

 

基本は一話完結なのであんまりネタバレ要素はないですが、本編の大筋にはあまり触れないで書いていきます。 

筆者の「カイジ」知識について

タイトルで読んでいないと述べましたが、非常に有名な作品であるがゆえに幾ばくかの知識はあります。

  • 主人公はカイジという顎と鼻が尖った人物
  • ギャンブルとかがテーマになっていて、過酷なゲームで戦う話(だと思う)
  • アニメ版のナレーターは立木文彦氏(アニメ本編はみてないです)
  • 実写版は藤原竜也氏(映画も観てないです)

その他、「ざわ…ざわ…」という擬音やネット界隈で有名な格言くらいはいくつか知っています。

とまあこのくらいの知識レベルですので、大半のカイジを読んだことがない方と同じくらいなんじゃないでしょうか。

で、楽しめたのか

結論、面白かったです。それも、並のギャグ漫画よりずっと。というかカイジ本編を読んだか否かに関わらず、基本的には万人楽しめる様な作日だったと思うのです。

カイジという作品への依存度はそこまで高くない

カイジという作品に依存していると思われる笑いも部分的にあれど、決して多くはなかったです。そもそもカイジ本人が(4巻までの時点では)登場しないし…

 

大半の場面では中間管理職の辛さとか理不尽な上司とか、ちょっとずれた部下たちと繰り広げる日々の顛末が面白おかしく描かれています。その点ではサラリーマン向けと言えなくもないですが、普通の会社では起こり得ない出来事が当然の様に描写されてますので、感情移入したり想像力を働かせる必要もなさそうです。

 

ということで、ただのドタバタ系コメディとして誰でも楽しめるのではないかと思いました。このマンガがすごい!でも第1位にランクインしていることですしw

 

ギャグ漫画の感想を説明するのってなかなか難しいところがあると思うんですが、敢えて表現するなら「大真面目な雰囲気でバカをやる」って感じですかね。この辺りはどうしても個人の感性に左右されると思うんですが、少なくとも僕は楽しめました。

番外編も収録

3巻を除く各巻には、それぞれ最後のエピソードに番外編が収録されています。原作者の書き下ろし短編や読み切り作品ですが、僕はここにきて初めて本作品の作者がカイジ本編の原作者と違うということに気がつきました。非常に絵がカイジっぽいのでてっきり同じ人が書いているのかと…

 

原作者の書き下ろしエピソードもギャグテイストになっていますが、ちょっと雰囲気がちがいました。なんというか、シュール系?ですかね。

ちょっとキャラクター紹介

そもそも紹介するほどの人数キャラクターは多くないんですが。

利根川

f:id:big-sosu:20170323003728p:plain

引用:「中間管理録トネガワ」より /福本 伸行 萩原 天晴 橋本 智広 三好 智樹

 

タイトルにもなっていますが、本作品の主人公。なぜか部下からは「先生」と呼ばれています。カイジ本編を読んでいないのでこの人物がどんな役回りだったのかはわからないのですが、本作品ではだいたい上司と部下の板挟みで酷い目に逢ってます。基本的には優秀な人物だと思いますし、だいたいの場面ではツッコミやストッパー役なのですが。時々大真面目に、ふざけているとしか思えない判断を下したりします。本編でもこんなにコメディテイストなキャラクターだったのかな。

兵藤会長

f:id:big-sosu:20170323004653p:plain

引用:「中間管理録トネガワ」より /福本 伸行 萩原 天晴 橋本 智広 三好 智樹

 

 

利根川の上司で、彼が勤める「帝愛」というグループ企業の会長らしい。本作品で発生するトラブルの大半はこの兵藤会長のせい。これまた本編でどんな人物なのかはわかりませんが、非常に気分屋で理不尽であることが伺えます。

黒服達

f:id:big-sosu:20170323005219p:plain

引用:「中間管理録トネガワ」より /福本 伸行 萩原 天晴 橋本 智広 三好 智樹

 

利根川先生の直属の部下達。同じ服装で何人も登場するので、普通に読んでいただけでは出番の多い特定の人物を除いて覚えられない様になっています。というか、彼らは本編での出番があるのか?

個人的なお気に入りは、非常に痛々しい感性のずれ方を発揮する海老谷という人物。

まとめ

カイジ本編を読み込んでいなくても、作品のテーマと雰囲気くらいをざっくりイメージできる程度の知識があればほぼ問題ないと思いました。

 

流石に、カイジという作品の存在を知らない場合は部分的に「??」となるシーンがあるとは思います。とはいえそんな場面ばかりではありませんので、その辺をスルーして読めば優秀なギャグ漫画という形で普通に楽しめるんじゃないですかね。

 

そもそも外伝とかスピンオフ系の作品でここまでヒットさせるのって難しいですよね。読者は本編作品をある程度知っている人に限られるわけですし。もしかしたら、僕の様に本編を読んでない読者も意外と多いのかもしれません。

むしろこの作品で幾人かのキャラクターを知ることができましたので、カイジ本編を読んでみたい気持ちにさせられました。

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.