よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

難しくないから観て欲しい!【感想】イヴの時間(映画版)

 

本当に良い映画だった!良質なヒューマンドラマだと思う。

 

アンドロイドが登場する作品は数多く観てきたが、この作品は一風変わっていると思う。本質的なテーマは、人間同士の関係性を問うようなヒューマンドラマとなんら変わりないと感じるのだ。

それに加え、ロボットが一般的に普及している社会における様々な考察を楽しめる余地を残した作品であるという印象だ。

 

従ってこの映画に関しては考察や解説を書いたサイトが目立ち、観ていない方は難解な作品だという印象を抱くかもしれない。

ただ僕が言いたいのは、あまり難しい事を考えずとも十分楽しめる作品であるということである。

言い換えると、考察をしてもしなくても楽しめるといったところだろうか。

一つの作品には色々な楽しみ方があるが、この作品もその例に漏れない。

 

あらすじ

「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」
アンドロイドはそれと分かるようにリングを頭に表示し、無表情で人間に奉仕する。だが、ロボットが社会の様々な分野に進出して人間から仕事を奪い、アンドロイドに精神依存する「ドリ系」と呼ばれる人々が確実に増え続けており、それを危険視する「倫理委員会」が広報活動に勤しんでいた。また、旧式化したロボットが不法投棄され主を持たない彼らが野良ロボットとして徘徊することが社会問題となっている。
高校生のリクオは、所有するハウスロイド「サミィ」の行動記録の中に、命令した覚えのない行動を発見する。級友のマサキと共にGPSを辿って行き着いたのは「イヴの時間」という不思議な喫茶店だった。「人間もロボットも区別しない」ことをルールにしたその店では、誰もが人間らしく振る舞っており見た目では区別がつかない。彼らは思い思いにそこでの時間を楽しんでいた。リクオとマサキは好奇心から店に通うようになる。

*1

 

感想を書くにあたり多少のネタバレは避けられない部分もあるが、まだこの映画を観ていない人に向けて紹介したい気持ちもあるので重大なものは記載しないよう気をつけたいと思う。

 

人間とロボットの関係性が描かれているようで描かれていない

この作品の主な舞台となる『イヴの時間』という喫茶店では、「ロボットと人間を区別しない」というルールが存在する。店内ではアンドロイドがまるで人間の様に振舞うのだが、相手が人間かロボットかを確認することもNGだそうな。

それにより基本的にこの店の中では、アンドロイドと人間を区別できなくなる。

これが重要な要素で、店内で描写される個人の考えや悩みは、人間のそれと全く区別がつかないし、なんら変わりないのだ。

 

ただ、ロボット社会における問題点を露呈するような背景描写は頻繁に挿入される。明確には説明されないのだが、この点が人間とロボットの関係性を想像させる作りになっていると思う。そう、その辺りのSFっぽい設定に関してははっきりと描写するのではなく、想像させるようになっているのだ。

 

※ちなみにこの作品にはロボットとアンドロイド、それからサイボーグ(多分)が登場するが、「ロボット」という単語にアンドロイドが含まれていると思われる。

 

殺伐とした背景設定の中で、穏やかで心温まるストーリーが展開される

倫理委員会という組織や『ドリ系』という言葉がロボットと人間が共存する社会における問題を刷り込むが、はっきりとは描写されない。漠然と「ロボットを排斥する思想があるんだなー」くらいの理解ができれば問題ないだろう。

そして、劇中ではロボットのAIに対する重要な実験が行われていることも匂わせる。

 

しかしそういった比較的ヘビーな背景事情に反し、描写されるのは『イヴの時間』という場所で展開する非常にローカルな範囲での顛末だ。

より正確にいうと、描かれるのは主人公リクオとその友人であるマサキの身の回りの出来事にとどまる。家にいるアンドロイドが普段何を思っているのか、これからどう接して行ったら良いのか、といった程度の問題である。

これなら、「普段仕事で接していて本心を露わにしない人が、内心どう思っているのか気になる」といった問題と大きくは変わらない気がするのだ(そもそもアンドロイドが意思を持っているという点に対する戸惑いはあるが)。

 

しかし、その範囲で描かれるドラマが非常に良質であり、何度か目頭が熱くなる思いをした。この辺りは、難しい事を考えずとも是非観ていただきたい。

 

重大な問題は何一つ解決されない

先に述べたような背景設定の中、『イヴの時間』という店も危険に晒されることになる。しかし、本編内ではその決着がつかない。

繰り返しになるが、あくまで本編は登場人物の身の回りの顛末を楽しむ作品であり、その裏で起こる出来事は想像をして楽しむというような構成であるのだ。

 

考察アニメとして意図的にこのような構成にしたとも考えられるし、続編の構想があるとも考えられる。

ただし、続編で諸問題を解決するのであれば、本作品とは全く違った物語が展開することになるだろう。『イヴの時間』という喫茶店から遠いところで起こる出来事を描写しなければならないためだ。

それはそれで大変興味がそそられるが、期待していたものとは違うという批判も生じそうである。

 

結構わかりやすいと思うよ

演出の面で特徴的なのは、一つはCGがふんだんに使用されている点。

そしてもう一つは、出来事や登場人物の考え方が図式やテロップを使用して説明されるという点だ。

後者に関してはあまり類を見ない演出で、作品の展開を理解するのに一役買っていると思う。

 

それだけでなく、散りばめた伏線の回収やどんでん返しを描写する部分が多々あり、ハッとさせられる場面も多い。

この点もあまり難解には描写されず、SFに関しての知識が少ない方でも楽しめるように作られていると感じる。

 

ギャグのセンスが良い

あらすじやパッケージ絵から暗い雰囲気の作品と思われるかもしれないが、ギャグシーンの演出が非常に優れていると感じた。なんどかクスリとさせられる場面があり、この点に関しても是非注目していただきたい。

 

最後に

どうでも良いのだが、冒頭でアンドロイドに話しかけ命令を与えるシーンを今観るとSiriを想起する方が多いのではないかと思う。

 もしも、自分のiPhoneが意思を持ち色々な事を考えていたら…

そういった観点で想像すると、色々と思うところのある作品なのかもしれない。

 

そしてエンディングテーマ、あんなん泣くにきまってるやん?

 

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.