よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

【感想】ソードアート・オンラインの『マザーズロザリオ編』は何度観ても涙腺が崩壊する

何度も見返しているSAO。

リアルタイムでも観て、更に何度か繰り返し鑑賞したのだが、先日テレビアニメ版の『ソードアート・オンライン』シリーズを観返した。

 

よくできたエピソードが多いSAOのアニメシリーズだが、ラストを飾るマザーズロザリオ編で案の定心をえぐられた気持ちになったので改めて感想を。

 

f:id:big-sosu:20170308222304j:plain

マザーズロザリオ編を象徴するビジュアル。これを見ると胸が締め付けられる。

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

SAOってただゲームするだけのアニメじゃない 

本題に入る前に、SAOという作品の紹介というか、観た事ない人向けにちょっとばかり(余計な)解説をしたい。

 

今では深夜アニメ枠でもトップクラスに有名な作品となったSAOだが、放映当時も大いに話題になっていた作品だ。

作品を観ていなくても、タイトルだけ知っているという方は多いのではないだろうか。そしてゲームがテーマであるということも。

 

で実際に観てみる事でわかるのだが、このアニメは単にフルダイブ型のゲームで冒険しているだけの作品ではない。主要なテーマとしてRPG要素やゲーム性のある戦闘は描かれるが、決してそれに終始しないのだ。

 

ゲームはあくまで物語の舞台であり、コミュニケーションツールの意味合いが強い。

そこで育まれる人間同士の絆や、その逆に醜く描かれる負の感情の方が展開に大きく関わってくるのだ。

 

また、フルダイブ機能をはじめとした先端技術がもたらす恩恵や、それらが原因となる社会問題などをリアルに描いている点もまた特徴的である。

ともかく、ただ単にゲームで遊んでいる場面だけを描いた作品ではないという事を多くの人に知って欲しいと思った次第だ。

 

そしてこのマザーズロザリオ編こそ、そういったSAOの特性を最も色濃く反映させているエピソードだと思う。

 

 

ここから先は作品のネタバレ有りです!観ていない人はご注意を!

 

 

 

 

 

マザーズロザリオ編のお話

これまでの展開

SAO作品で、マザーズロザリオ編へ突入するまでの展開をざっと振り返ると以下のようになる(主にキリトさんの功績だが)。

 

  • ソードアート・オンラインに閉じ込められてデスゲーム(アインクラッド編)
  • 帰ってくるはずのアスナたんが別のゲームで捕まっているから助けにいく(ALO編)
  • 一息つく暇もなくまた別のゲームでニュース沙汰の刑事事件を解決する(GGO編)
  • 珍しくまともにゲームを楽しむ(エクスキャリバー編)

 

続くマザーズロザリオ編は、SAO2の2クール目、第18話〜24話の7話分が該当する。

なお、このエピソードではキリトではなくアスナが主人公の立ち位置となる。

 

VR世界の申し子

2年間アインクラッドへ閉じ込められていたにも関わらず、懲りもせずにVRの世界で大暴れするキリトやアスナ達。

ある時、VR世界において彼らを上回る技量を持つ『絶剣』と呼ばれる存在が現れる。

 

その正体は、この可愛らしい少女「ユウキ」であった。

f:id:big-sosu:20170309000312j:plain

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

ユウキ率いる『スリーピングナイツ』というギルドは、とある事情によりボスモンスターを自分たちのギルドメンバーだけで倒したいと言い、助っ人を募集していた。

 

ギルドの助っ人にスカウトされたアスナは、願い通りメンバーと一緒にボスモンスターを撃破するのだが…

 

その後ユウキが「絶剣」として圧倒的な実力を誇っていた理由が判明する。

 

f:id:big-sosu:20170309000928p:plain

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

これが、現実世界のユウキである。頭部の機会は、医療用のVR機器である「メディキュボイド」だ。現実の彼女は、末期の後天性免疫不全症候群(HIV)を患っていた。

 

日常生活を自由に送ることができなくなった彼女は、メディキュボイドを用いて丸3年間、ほぼVRゲームにダイブしっぱなしで過ごしてきたという。

 

彼女のVR世界における異常な強さにも合点がいくわけだが、それどころではない。 

重すぎる現実に直面したアスナは、その後ユウキとどのように接しどのような物語を紡ぐのか。

 

詳しくは是非とも本編を観ていただきたいのだが、言ってしまうとこの作品では明確に死が描かれ、ユウキとの別れのシーンがある。

彼女との別れのシーンは、アニメ史上類を見ないものであった。

涙腺は壊れたのだが、「感動」とかそういう言葉で表すべきなのかわからない。

僕は胸が締め付けられ、しばらくは呆然とした。

 

 

 

主人公はキリトからアスナへ

先に述べた通り、マザーズロザリオ編の主人公はアスナだ。

このエピソードではアスナとユウキの絆が描かれる他、アスナ個人の葛藤や家庭事情が描かれる。

 

明確な目標がない葛藤

少しづつ自分の進路を見据えているキリトと比較し、明確にやりたいことがない自分に焦るアスナが描写される。

SAOのVR世界では"血盟騎士団 閃光のアスナ"であった彼女は、現実世界での自分との乖離を感じ、自信の喪失に繋がる。

 

後述する怖いお母さんの煽りもあり、非常にプライベートが悩ましいことになる。

 

怖いお母さんにぶつかってみる

もうあまり時間が残されていないユウキ。その行動がアスナに多大な影響を与える。

 

「ぶつからなきゃ伝わらない事だってあるよ・・・例えば、『自分がどれくらい真剣なのか。』・・・とかね。」

 

ユウキのこの言葉に触発されたアスナは、怖いお母さんに自分の正直な気持ちをぶつける。

 

f:id:big-sosu:20170309004735j:plain

林原めぐみさんボイスの怖いお母さん

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

この怖いお母さんをVR世界に(半ば強引に)連れ込み、

自分がVR世界で見てきたもの、これからやりたい事をどのように見つけるかを一生懸命話す。

 

 

f:id:big-sosu:20170309010222j:plain

VR世界のアスナと怖いお母さん

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

 

その結果、

 

f:id:big-sosu:20170309005850j:plain

この世界では涙は隠せないらしい 

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

 

思わず涙を見せた怖いお母さんと良い感じになる。

 

そして怖いお母さんと一緒にこのシーンで僕もまた泣く。

 

生きる意味と生きた証

アスナと同じように、ユウキ自身にも悩みや葛藤があったことが最後に語られる。

彼女は何度も何度も「自分が生きる意味」を考え続け、もしかしたら意味なんて存在しないのではないか、今すぐ消えてしまった方が良いのではないかと考えていたという。

 

ボスを倒して生きた証を残したいという彼女の意思は、その反動から来ていたものなのかもしれない。

 

最終的に、答えが見つかったというユウキ。

意味がなくても、生きているだけで良いという。

 

ボク、がんばって、生きた・・・。ここで、生きたよ・・・。

このセリフにまた何度も、涙腺をやられてしまう。

 

f:id:big-sosu:20170309003525j:plain

ユウキとの別れは、強く心に刻み込まれている場面の一つ。

引用:©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

 

発端は『オーディナルスケール』を鑑賞したこと

相変わらずまとまらないが、最後に、そもそもSAOを見返したきっかけを。先日ソードアート・オンラインの劇場版作品『オーディナル・スケール』を鑑賞し、極度に興奮した状態で支離滅裂な記事を書いた。

www.yoshi-makasero.com

 

その翌日、熱が冷めぬまま再度オーディナルスケールを鑑賞しに映画館へ赴いた。

2回目なので多少落ち着いた状態となったが、また支離滅裂な記事を書いた。

www.yoshi-makasero.com

 

2回も映画を観たのにどうしても熱が冷め切らず、久しぶりにテレビアニメシリーズのSAOを鑑賞するに至ったわけだ。

 

散々書いたが、本当に良い作品だったので是非観ていただきたい。

全編を通して興奮すること間違いなしだが、ユウキが登場した場面では心が震えた

 

原作も読もうよ

さて、原作のライトノベルでは、第7巻が「マザーズロザリオ編」にあたる。

正直、この巻だけでも手元に置いておくに値するほど素晴らしい物語だと思う。

 

また、コミカライズ版も存在する。

こちらも結構評判が良いので紹介しておきたい。

 

追記:関連リンク

www.yoshi-makasero.com

www.yoshi-makasero.com

www.yoshi-makasero.com

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.