よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

2017春アニメ【サクラクエスト】の感想を全話分書いていく

 

お仕事アニメもP.A.WORKSも大好物な僕には、この『サクラクエスト』を視聴しないという選択肢はなかった。

sakura-quest.com

この記事では、頑張って『サクラクエスト』を視聴するたびに毎話感想を更新していきたいと思う。誰の得になるのかはわからないが、強いていうならこの作品に多大な期待をかける僕自身のためだろうか。

あらすじ

多大な期待とか言っておきながら、あらすじとか一切見ていなかった。

就職活動が全滅状態だった女子大生の木春由乃は、以前仕事を受けた事務所からの依頼で寂れた田舎町「間野山」の観光協会に出向し、ミニ独立国「チュパカブラ王国」の国王(観光大使)として1年間働くことになる。彼女は観光協会に勤める四ノ宮しおりや緑川真希などと出会い、その田舎町を栄えていた頃のように活気つけようと力を注ぐ。平坦でどこにでもいる普通の女の子たちが田舎町で繰り広げる成長奮闘記。(引用:サクラクエスト - Wikipediaより)

ちょっと甘城ブリリアントパークみたいな雰囲気を感じる。とりあえず、観光からアプローチした町おこし的なストーリーなのかな。

あらすじも良いが、ぶっちゃけメインビジュアルの女の子の可愛さに惹かれた部分も大きい。

f:id:big-sosu:20170409194738j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

サクラクエスト 第1話『魔の山へ』感想

いきなりOPから始まるのね。柔らかい印象のオープニングから転じて、本編は就職活動のシーンから始まる。アニメで描かれる就職活動のシーンは、大概上手くいかないものである。例に漏れずこのアニメの主人公もお祈りされている。

f:id:big-sosu:20170410231110j:plain

相変わらず女の子は可愛いし、声もいい感じ。

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

さて、東京で就活に苦戦中の主人公由乃ちゃんが人違いにより田舎町の国王(詳細不明)になるところから物語が動き出す。国王ってのは多分町おこしの一環で、多分プロモーションキャラクター的な何か。

間の山という田舎町に移動し、しょぼいテーマパークの化石みたいなアトラクションを想起させる建造物に連れてこられる。あらすじにもあった「ミニ独立国家」ってのはガチの独立国家ではなく町おこしのネタの模様。

f:id:big-sosu:20170423144000j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

いつの間にか住み込み前提でコテージみたいなのをあてがわれる由乃ちゃん。コテージの方はまあまあ綺麗やん。

f:id:big-sosu:20170410231832j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

めでたくYahoo!ニュースみたいなのに掲載された由乃ちゃんは、このバイトが1年間の契約であることを知る。つまり、東京に帰れない。

東京へ帰ろうと急いでバスに乗り込む由乃ちゃん。残念ながら車庫行きだったバスにはさらっとやばそうな奴が搭乗していた。

f:id:big-sosu:20170410232256j:plain

P.A.WORKSのアニメ、だいたい1人はこういう変な奴が出てくるよね。

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

その後謎の茶番に巻き込まれ、会長を負傷させた後結果的に町に残ることに。いやあらすじ読んだから残るのはわかってたんだけど。

そして、由乃ちゃんは自分が幼い時にこの町を訪れていたことを知る。思ったより薄いリアクションをかまし、次週へ続く。

なんというか、感想というよりあらすじを書いただけになった。というより書く感想がまだあまりない。物語もとりあえず導入ということで、もう少し様子見かな。次週が特別楽しみってわけではないけど、安定して毎週見れそうな印象だ。

ただ、相変わらず作画はいいなあ〜。作画がいいっていうか、絵が綺麗。どう違うのって感じだけど、こう表現したい。

サクラクエスト 第2話『集いし五人の勇者たち』感想

町おこしの施作開始といったところか。会長の誤発注のせいで、饅頭1000個を1週間で売り切るミッションが課せられる。

f:id:big-sosu:20170423144019j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

ちなみにこいつは女優らしい。

魔の山の年間の観光客数3万人らしいんだけど、これってリアルな数字なのかな?

全体の母数から目標値を計算する由乃ちゃんはできる子。「全員が2箱買ってくれれば!」って、結構ポジティブなのね。

f:id:big-sosu:20170423144028j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

観光客アプローチを諦め、町の住人に協力を仰ぐ由乃ちゃん。行動力のあるでビギナーということで、SHIROBAKOのみゃーもりを思い出すね。

 

紆余曲折あってPR用のサイトを作成することに。

f:id:big-sosu:20170423144039j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

商談の様子。この人はデザインもシステムもできるのね、有能。

というか有能なキャラクターが多い。

 

東京に帰ると意気込んでいた由乃ちゃん、徐々に空気が変わる。あ〜これやっぱ思い直して魔の山に残るやつだ。

f:id:big-sosu:20170423144050j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

初日から76ユーザはわり良いと思うぞ。

 

初日で動画完成させて、2日目には動画を撮り終える。内容が茶番くさいのは置いておき、仕事が速い。

f:id:big-sosu:20170423144100j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

さて、最初の饅頭売りミッションは失敗に終わるという意外な展開を遂げる。けれど、みんなで売れ残りの饅頭を食べて和気藹々とできた。国王由乃ちゃんももうしばらくは魔の山に居てくれるという。

今回のエピソードで自然とパーティが組み上がって陣形も出来たね。

 

サクラクエスト 第3話『マンドレイクの叫び』感想

今回はまきさん回かな。早々に弟が登場し、複雑な家庭環境を伺わせる。

 

前回までのエピソードから転じて、国王として頑張ってみる決意をした由乃ちゃん。最初の公務である地元テレビ局からのインタビューで、台本にない質問にうろたえる由乃ちゃんが可愛い。

f:id:big-sosu:20170423144110j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

反省した彼女は持ち前の行動力を発揮して、住人に街の魅力をヒアリングする。Aパートでの奮闘は大概うまくいかない。

f:id:big-sosu:20170423144120j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

廃れた町を変えようと頑張るが、そもそも住人たちは変化を望んでいないという。そして賢明な調査の結果(?)チュパカブラ王国の由来はカブラ(カブ)だったことが判明する。

 

広報活動の一環と思われるヌルキャラ選手権という謎のイベントにて、間の良いことにイメージキャラクターのチュパカブラの着ぐるみの頭が消失する。

紆余曲折を経て、代わりにカブラ君の着ぐるみを来て登壇することに。

f:id:big-sosu:20170423144129j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

チュパカブラに負けないくらい気持ち悪いよね。

 

f:id:big-sosu:20170423144140j:plain

引用:アニメ『サクラクエスト』より©2017 サクラクエスト製作委員会

 

最後は由乃ちゃんの謎のスピーチで良い感じの雰囲気にして締める。PRというよりは、国王としてこれからの決意を述べていた。

今回は、国王として頑張ろうと気持ちを固めるためのエピソードって感じだった。前回から続く5人の陣形も正式にパーティメンバーになった。

 

関連記事

他に見ている2017年春アニメ

www.yoshi-makasero.com

www.yoshi-makasero.com

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.