よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

【超ハマるミステリー系AVG】『時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-』がPS Vitaで発売するよ!

コンシューマ版移植おめでとう!もちろん予約しました!

 

 

PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-

 

というわけで、2017年4月27日(木)のこのゲーム、原作は年齢制限ありのPC用ソフトでした。PC版では全3部作が発売され僕は全作プレイ済みなのですが、知らない人も多いと思いますので是非紹介したい!

 

一つ言えることは、プレイし始めると病みつきになり途中で止まらなくなる魅力をもったゲームです。

『時計仕掛けのレイライン』ってどんなゲーム?

繰り返しですが移植元はPC用ゲームで、ジャンルとしてはアドベンチャーです。元が年齢制限ありの作品のため美少女的な要素も当然あるのですが、内容的にはファンタジーミステリーの要素が非常に色濃いです。

いわゆるシナリオゲーの類で、非常に良質な脚本で物語が展開します。僕も激ハマりしました。

あらすじ

山奥にそびえたつ大きな時計塔のある全寮制学園に新入生としてやってきた主人公。

しかし、初登校の日にいきなりトラブルに巻き込まれ、学園の入り口にある高価そうな像を壊してしまう。
学園長から、弁償の代わりにしばらく働けと指示された主人公は、
トラブルの原因となった一人の男子生徒と共に『特殊事案調査分室』に配属されることに。

大きな地下図書館の奥にある分室の部屋に行ってみると、そこには無関心な様子で一人の少女が待っていた。

わけもわからないまま、二人は少女から告げられる。

この学園では、本物の魔術が生きているのだ―――と。

時計塔の鐘の音と共に、学園には『夜の世界』が現れ、校舎と一体化するのであると。

分室の仕事は、学園で起こるあらゆる魔術的な問題を解決すること。
こうして主人公たちは、様々な『遺品(ミスト)』に翻弄されながらも学園のために奔走することになるのだが――。

*1

公式サイトからの引用ですが、ご覧の通り魔術やら『夜の世界』やらファンタジー的な要素が深く関わってくる筋書きです。

基本的にはとある学園に転入してきた主人公と、ヒロインをはじめとした仲間達とで学園に隠された秘密を紐解いていく物語です。PC版では3部作に分割され、2012〜2015年までの間に発売されました。

作品の雰囲気の参考として、ちょうど公式でダイジェストムービーがアップされていましたのでご覧いただければと。


『時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-』 ダイジェストムービー

 

実際にプレイしてみて

PC版の話ですがプレイ済みですので、ネタバレにならない程度に感想を。

とりあえず最初に、クッソ面白かったことだけは伝えておきたい。

怒涛の伏線回収

PC版は全3部作として、

  • 時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-
  • 時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-
  • 時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-

が発売されました。

それぞれ独立した作品ではなく、全てシナリオ的に繋がった物語です。確か3作品全部のプレイ時間は30~35時間くらいだったかなあ。

正直、1作目をプレイした時点ではそこまで優秀な作品と気づかなかったのです。決してつまらないということは無いのですが、展開上伏線を散りばめている段階ということもあり突出した印象は抱かなかったのが本音です。

この作品が本領を発揮するのは、2作目の中盤あたり。全編通しての折り返し地点くらいですかね。

 

凄いのが、見事すぎるとしか言いようがない伏線回収。謎が綺麗さっぱり解消します。1作目の最初の方の伏線とかが平気で最後の方回収されたりする。それも、明らかな伏線とわからないような形で散りばめられているので、

「あー!あー!!それーっ!!」ってなりました。

最初からミステリー仕立てなのはわかってましたが、ここまで綺麗に伏線を扱ってくれた作品はそうそう目にしたことがありません。

これでもか!ってくらいのどんでん返し

伏線回収も見事でしたが、作中で幾度となくどんでん返しが楽しめます。ミスリードがあったり、何でも無いところでとんでもない勘違いをしてたり…

とにかく全てを疑いたくなるレベルで驚愕の事実が発覚するシーンが多いです。本当に何度も何度も、いい加減しつこいんじゃないかってくらいどんでん返しで驚かせてくれました。

コミカルとシリアスのバランスがいい感じ

いや本編で展開されるシナリオはかなりハードなんですが、キャラクターに良い奴が多いのでそこまで暗い雰囲気にはなってない印象です。少なくともプレイ後鬱にはならないかと。

日常シーンの掛け合いは楽しませてもらえますし、マジで緊迫感のある状況では引き締めてくれます。何というか、良い塩梅だったなあと思い出しました。

ちなみにある程度の暴力描写はあるものの、過激なシーンやグロテスクな表現は無いです。

キャラクター紹介

基本的にいい奴らが多いです。3部作ともなると登場人物が多いので、主要なキャラだけちょっと紹介します。

久我 満琉(こが みちる)

f:id:big-sosu:20170326005018p:plain

 引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

顔出しOKな主人公。落ち着いていて理性的な、比較的大人びているタイプ。とはいえ時には熱い部分もあり、作中でかっこいい行動や発言を見せてくれるので、個人的には好感度が高い。男が惚れるタイプの主人公かもしれないですね。また後述するヒロインが天才キャラなので埋もれがちですが、こいつも相当頭いいと思うんだ。

鹿ケ谷 憂緒(ししがたに うしお)

f:id:big-sosu:20170326005852p:plain

 引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

天才型クーデレキャラ。全編共通のヒロインなので、こいつを好きになれるかどうかが作品の評価の分かれ道といっても過言ではありません。他にもルート分岐先のヒロインはいるんですが、全てのシナリオ通してメインヒロイン張っているのはこのお方しかいません。とにかく可愛くて好き。最初は冷たく合理的な態度しかとらない彼女ですが、対立したりちょっと認められたりしながら少しづつ距離を縮めていくのが、このゲームにおける醍醐味の一つでもあります。

いろんな立ち絵やCGがあって本当にどれも可愛いキャラクターなので、ぜひチェックして欲しいです。

f:id:big-sosu:20170326014440j:plain

 引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

烏丸 小太郎(からすま こたろう)

f:id:big-sosu:20170326010438p:plain

 引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

通称『おまる』。最初は、よくいるただの主人公の親友ポジキャラと思ってました。ほんとすいませんでした。2作目が終わるあたりでは

「おまるううううううううう!!;;」ってなるシーンがある。日常の掛け合いシーンでは主人公とヒロインがよく喧嘩するんですが、そのストッパー役がメインの仕事。あとは全体的な作品の雰囲気を和らげる役割も担っていると思う。まあ縁の下の力持ち的な。

ルイ

f:id:big-sosu:20170326010916p:plain

 引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

原作では2作目から登場。良いところで良い活躍をするかっこいいやつ。

アーデルハイト

f:id:big-sosu:20170326011107p:plain

引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

原作では2作目から登場。ちょっと天然なところある。巨乳。可愛い。

 

Vita版『-陽炎に彷徨う魔女-』の追加要素

3部作が1本に!

PC版をプレイした方の中では高評価が多いこの作品ですが、強いて不満をいうなら『分割商法』だったことでしょう。繰り返し述べてきた通り、PC版は3部作で発売されています。それぞれミドルプライスで、それも3年がかりで物語が完結したわけです。

3本となると価格的にも決して安く無いですし、いいところでシナリオが終わってしまい続編を待たなければいけなかったユーザのストレスは想像に難くないです。面白い作品なだけに。

ところが、このVita版『-陽炎に彷徨う魔女-』ではPC版の3作品が1本に全て収録された形で発売します。これはもう唯一の欠点を克服したと言っても過言では無いのでしょうか。

追加シナリオ

なんといってもこれ!僕はPC版をプレイした後、続編の可能性を願い続けました。ファンディスクでもなんでも、もう少し彼らの物語を楽しみたかった。それくらい終わった時は寂しさが残ったのです。

どのくらいのボリュームになるのかはまだわかりませんが、追加シナリオがある以上買うしかないでしょう。

新規キャラクター

なんか、シグマっていうキャラクターが追加されるんですって。

f:id:big-sosu:20170326014528j:plain

引用:PS Vita版 時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-より ©ユニゾンシフト/SOFTPAL Inc./dramatic create

詳しいことはわかりませんが、新キャラが出るのであれば追加シナリオがそれなりのボリュームになることを期待するばかりです。

その他

追加CGやオープニング映像の追加があるみたいです。オープニング映像は、これまた公式がYouTubeにアップロードしてくれています。

www.youtube.com

みんなもやろう!『時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-』

ここまで述べてきた通り、すごく質の良いアドベンチャーゲームなので、ぜひ多くの人に手に取って欲しい!

あわよくばVita版が売れて、アニメ化してくれたらいいな… 

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.