よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

本当にロードムービーって感じだった【感想】映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

 

最近クレヨンしんちゃん映画をよく観ているのと、前評判がよかった事から公開日に観てきた。

f:id:big-sosu:20170416153558j:plain

引用:(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

 

というわけで、感想を書いていきたい。ネタバレは控えめくらいで。完全に前情報なしで楽しみたい方はご注意を!

あらすじ

ある日の夜、野原家にUFOが不時着。UFOの中にいたのは、宇宙から来たという宇宙人のシリリだった。シリリが発した光線を浴びたひろしとみさえは25歳若返り、ひろしは10歳に、みさえは4歳の姿に戻ってしまう。シリリは、生き物を若返らせることは出来るものの、成長させることは出来ないのだという。そして、日本の南にいるシリリの父親なら、ひろしとみさえを元の姿に戻せるらしい。翌日、シリリはしんのすけのズボンの中に入り、野原一家は日本縦断の旅に出発する。

(引用:クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ - Wikipediaより)

さらっと「野原家にUFOが不時着」と書いているが、要はまた彼らの引きの悪さによって珍事に巻き込まれるパターン。クレヨンしんちゃんみたいな普段は日常アニメの作品って、何か異常なトリガーがないと特別な話を展開しにくいんだろうな。今回の場合は、それがUFOでしたと。

 

ちなみにクレしん映画では宇宙が登場したことはあるけど、「宇宙人」が登場するのはもしかして初めてかな。25作もあればどっかで出てきていそうな気もするけど。

全体的な感想

一言で表すとしんちゃんと宇宙人シリリのロードムービーって感じ。予想に反して感動路線ではなかったんだけど、これはこれで良い感じ。

 

あくまで個人の感想だけど、歴代クレしん映画では平均点くらいの面白さだったかな。全然面白いけど、往年の名作や近年だとロボとーちゃんには敵わないくらいのクオリティかと。

 

やや低年齢層向けな雰囲気

話はわかりやすいし難しいことを考えず観れる作品ではあったが、過去作品と比較すると毒が抜けた感じはあった。良いか悪いかは好みだと思うけど…

敵の親玉も、恐ろしいことを考えているわりにはコミカル性のあるキャラクターで強い絶望感は感じさせなかった部分がある。

 

では大人はどう楽しむかというと、詳しくは後述するが25作品目ということでファンサービス的な要素があった。

キャラクター

あんまり紹介するキャラクターいないんだけどね。

シリリ

f:id:big-sosu:20170416154941j:plain

引用:(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

本当に想像していた通りのキャラクターって感じ。ヘナチョコだけど強がりで、うっかりしているところも多い。愛着は持ちやすいと思うし、ビジュアル的にもまあ可愛い…方なんじゃないかな。

シリリの声は沢城みゆきさんだったのね、途中もしかしたらと思ってエンドクレジットで答え合わせをしたら正解だった。 

八尾

宇宙人(というか SF)マニアのおじさん。画像は無かった。

クレしんの映画って敵と味方に加えて味方寄りの第三勢力みたいなのが登場するパターンが多いけど、このおじさんもそのポジション。目的は違えど結果的に行動を一緒にするみたいな。

本作品固有のゲストキャラクターは出番少なめ。ある程度出てくれたのは、このおじさんくらいかな。

シリリの父

f:id:big-sosu:20170416155645j:plain

引用:(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

まあ今作品の黒幕ですな。差別意識全開で到底いいやつとは言い難いキャラクターだけど、コミカルでどこか憎めない雰囲気がある。なんとなく、クレしん映画の初期作品に出てきても違和感なさそうなキャラクター。

あとはいつも通り

ひろしとみさえは子供の姿にされているが、基本的な人格は変わらず(声優も一緒)。

さて、クレしん映画といえば定番のメインキャラクターは「野原一家」+「かすかべ防衛隊」だと思う。本作品は、野原一家の要素が強めだけどかすかべ防衛隊の出番もそれなりだった。どちらも空気にならずよかった。

 

ちなみに本作では、野原ひろし役を藤原啓治氏に代わり森川智之氏が担当。なんとなく声の違いはわかるものの、特に違和感なく観ることができたと思う。

ファンサービス要素

クレしん映画の過去作におけるゲストキャラクターがカメオ出演していた。多分全員は見つけられてないんだけど、相当数出ていたと思う。歴代作品を観ていればいるほど楽しめるだろう。

推察だが、カメオ出演のキャラクターは設定上無理のない範囲で登場している。というのは、例えば戦国大合戦や雲黒斎に出てきた過去の時代の人物は出演しないし、サボテン映画のようにメキシコにいるはずのキャラクターも恐らくいない。あくまで現代の日本にいて不自然でない範囲のキャラクターが出てきているのではないかと(多分)。

最後の締めが雑

個人的に結構な減点要素。詳しくはエンドクレジットを最後まで観ればわかります。と言うか観て欲しい。

印象に残った場面

  • 家族のために体を張る野原ひろし(かっこいい!)
  • シリリ登場時の宇宙人ぽいBGM
  • 不自然なサーカス 
  • シリリのお父さんの癖があるキャラクター
  • 新幹線内の弁当シーン(お腹空いてたから美味そうだった)
  • まさおくんの失神

まとめ

とまあだいたいこんな感じ。小さいお子さんや、歴代のクレヨンしんちゃん映画のファンは特に楽しめる作品じゃないかと思う。

Amazonプライムでクレヨンしんちゃん映画が復活

2017年に入ってラインナップから外れていたクレヨンしんちゃん映画が、いつのまにか復活している。

月額325円でラインナップのビデオが見放題、更に30日間の無料期間もあるのでお試しに登録してみるのもありだ。 

登録はこちら

Amazonプライム公式ページ

 

  

クレヨンしんちゃん映画関連記事

本当にロードムービーって感じだった【感想】映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ - よし任せろ!

【感想】心に残り続ける"別れ" 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ - よし任せろ!

【感想】面白くて、泣けて、怖い。映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 - よし任せろ!

クレしんでパニック映画をやるとこうなる!【感想】クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃 - よし任せろ!

これ本当に子供向けか?【感想】クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望 - よし任せろ!

ギャグ全振りのおバカ映画【感想】クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!! - よし任せろ!

怒涛のギャグと勢いを楽しもう【感想】クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード - よし任せろ!

劇中劇のヒーローが大活躍【感想】クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル - よし任せろ!

「感動」だけじゃない!演出とギャグも冴える映画【感想】クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 - よし任せろ!

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.