よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

エッティンガーの小銭入れ付き長財布を買ったよ!

ソスです。

エッティンガーの長財布を買ったんです。

f:id:big-sosu:20170109000841j:plain

 

1年半くらい前に知人が使っているのを見てから、一目惚れしてずっと欲しいと思ってたんですよねー。

 

カラーや形状などいろいろなモデルが発売されているのですが、購入したのはスタンダードなカラーの外側黒/内側黄色のものです。 

形状はチャックの小銭入れが付いているタイプを選びました。

f:id:big-sosu:20170109000913j:plain

 f:id:big-sosu:20170109000858j:plain

 

このモデルを選ぶまでに、結構悩みました。

同じくエッティンガーの長財布を購入しようと迷っている方の参考になる…かはわかりませんが、購入までの経緯をつらつら書いていきます。

 

エッティンガーについて

エッティンガー(ETTINGER)はイギリスのレザー製品ブランドで、"英国王室御用達"として有名です。

日本でも超有名!というわけではありませんが、知る人ぞ知るブランドといった感じですね。(そこがまたいい!)

 

紳士のブランドというイメージが強く、シックで大人な雰囲気を醸し出してくれる製品が多いです。 

実際に買ってみて

まだ買っただけでほとんど使用していないのですが、レビューしていきます。

 

まずは魅力の一つである薄さについて。

小銭入れ付き長財布のモデルですので、多少の覚悟していましたが、カード類とお札と小銭(15枚くらい)を入れても以下の通り。

f:id:big-sosu:20170109000905j:plain

 

これだけじゃわかりにくいので、同じく薄さが売りのMacBook Airと比べてみましょう。

 

f:id:big-sosu:20170109000948j:plain

 

流石にMacよりは分厚いですが、スーツの内ポケットに入れても十分平気な厚みかと思います。

使用しているうちに皮が柔らかくなり、折り目の部分が薄くなる事も期待できますしね。

 

大きさ比較…はあんまり必要ないと思いますけど、念のため。

右は適当に手元にあったMacBook Air11インチ 2011年のモデルです。

f:id:big-sosu:20170109000946j:plain

 

 

次に小銭入れの部分ですが、チャックの持ち手に「ETTINGER」って書いてありますね。買ったばかりなので開閉は少し固めです。

また、写真の通りマチがついているのは小銭入れの部分ではなく、その内側のお札入れの部分でした。

f:id:big-sosu:20170109000938j:plain

15枚ほど硬貨を入れてみたのですが、横に広いこともありそこまで厚くはなりませんでした。

しかし、長期的に考えると小銭は入れすぎない方が良いでしょうね。

受け取ったお釣りを入れるくらいにして、家の貯金箱にでも移しておこうかな…

 

 

最後に、内側右下のロゴ部分です。 

f:id:big-sosu:20170109000930j:plain

この部分は、カラーによって素押しと銀字と金字があるのですが、このモデルでは色のつかない素押しです。

このさりげなさが良いと思い、気に入ってます。

 

エッティンガーの財布が欲しかった理由

有名すぎない!

前述の通り知る人ぞ知るブランドの財布なのですが、外側のシックな色合いと内側のパステルカラーのギャップは、目を引くと思うんです。

そんな時に、「どこのブランド?」って聞かれたい。そして、「あ、エッティンガーだよ」って答えたい。知ってるよね?みたいな感じで。

ついでに、「英国王室御用達らしいよ」って補足したい!

 

そんな動機がありました。

 

スーツの内ポケットに入れたい!

エッティンガーの財布には色合いなどいくつか特徴がありますが、その一つに「薄さ」があります。

スーツで働く紳士のために、ジャケットの内ポケットに入れても形が悪くならないよう薄く作られているのです。

 

筆者はスーツで仕事をしているのですが、お昼の休憩時などは財布だけ持っていきます。

今まで二つ折りの財布を使っていたのですが、内ポケットには入らないしパンツのお尻ポケットには少し嵩張るし…と思っていて、スーツの内ポケットからカッコよく財布を取り出したいという憧れがありました。

 

小銭入れ付きの内側黄色を選ぶまで

小銭入れ付きにした理由

エッティンガーの財布は、先ほど紹介した通り「薄さ」が特徴です。

スタンダードなモデルは、カード類とお札しか入らずにコインケースと併用するように作られています。

が、いきなり小銭入れを別に携帯するのは少しハードルが高いかなと思ったことと、スタンダードなモデルの方ですとカードを挿入する向きが縦になっていますので、皮が伸びてくると財布からカードが落ちることがあるというレビューを見かけました。

  

総合的に考え、小銭入れ付きでカードも多数挿入でき、挿入方向が横なのでカードが落ちる心配もないモデルを選択しました。

ちなみに有楽町の阪急で購入したのですが、阪急でしか取り扱っていない形状のモデルだそうです。

 

内側は黄色にしたんですが…

エッティンガーの財布といえば、定番は内側が黄色のモデルらしいです。ということもあり、最初から黄色には惹かれていました。

外側の黒色とのコントラストも素敵ですしね。

 

他にも内側の色が紫のものや、外側がネイビーや茶色のモデルなどいくつも種類があるのですが、インターネットで一つかっこいいのを見つけちゃいました。

内側がロイヤルブルーのモデルがあったんです。

発色のいい青にも惹かれ、黄色とどっちにするか迷いました。

 

結局、そもそも青の方はお店になく、期間限定の商品だったそうです。

次に入荷する予定はなく、今後発売されるかもわからないとのことでした。

また、青色の方は外側の皮がネイビーのみだそうです。

ネイビーもおしゃれだと思うのですが、外側の色はシックで内側の色を引き立ててくれる黒が好みでした。

 

エイジングの画像も結構調べたのですが、黄色ですとやはりカードの跡や黒ずみがついてしまうようです…

が、それすら味があるな!と思えたので、外側黒の内側黄色モデルの購入に至りました。

 

たくさん使うぞー

今回は購入直後の状態をご紹介しましたが、次はしばらく使って見た使用感やエイジングの様子をお伝えできればと思います。

Copyright © 2017 よし任せろ! All rights reserved.