よし任せろ!

よし任せろ!

IT系内容多めの雑記ブログ(にする予定)。アニメとか漫画の感想も書きます。

【広視野角】IPSパネル方式の4Kディスプレイモニター11選!

せっかく高解像度の4Kモニターを買うなら、液晶パネルも視野角が広く発色が美しいIPSパネル方式で探したいという方も多いのではないか。

 

ということで、多くの製品が流通てきており価格的にも手が届くようになってきた4Kモニターの中で、IPSパネル方式を採用しているオススメの製品をピックアップしてみた。

 

IPSパネル方式のおすすめ4Kディスプレイモニター

Dell ディスプレイ モニター P2415Q 23.8インチ

 

  • 4K解像度
  • RGB99%、10bitカラー(10.7億色)対応
  • パネルタイプ:23.8インチ
  • IPS ノングレア
  • 解像度:3840x2160 4K UHD
  • 輝度:300cd/m2
  • コントラスト比:1000-200万:1
  • 応答速度:6ms (GtoG, Fast mode)
  • 入出力端子:DisplayPort (IN/ミニ/OUT)、HDMI (MHL)、Audo-out
  • USBハブ(3.0x4)
  • AC511外付けスピーカ対応(別売)

画面のマットな質感が特徴的なDellのディスプレイモニター。 

DisplayPortで接続する場合は4K60fpsが出力可能。

別売りのサウンドスピーカーも発売されており、画面の下にぴったりと接着できるのが気持ち良い。音質もそこそこ。

 

なおHDMI接続の場合でも4Kが出力可能だが、30fpsまでとなる。PS4などはHMDIで接続することになると思うが、FullHD画質でプレイするなら60fpsも出力可能だ。

LG モニター ディスプレイ 27UK850-W 27インチ

  • 3辺フレームレスベゼル デザイン
  • sRGB99%以上/ハードウェアキャリブレーション対応
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort(Ver1.2)×1、USB Type-C×1
  • 5W×2 スピーカー内蔵
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1、USB Type-Cケーブル×1

 HDR10規格対応をはじめとして、高機能が揃っているLG製品。

 若干値が張るが、映像再生系の機能が高い水準で揃っているのとUSB type-Cを含む充実した端子の搭載が魅力的。

 

フレームの形自体も非常にオシャレ。

LG モニター ディスプレイ 27UK650-W 27インチ

  • 3辺フレームレスデザイン
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort×1
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • チルト対応:-5~15° / ピボット対応 / 高さ調節対応:110mm
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1

 前述の27UK850-W と同じシリーズだが、 USB type-Cが搭載されていないのが大きな違い。価格も若干下がる。

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ

 

  • IPSパネル
  • AMD FreeSyncやHDCP2.2対応
  • 表示遅延を抑えるDASモード
  • 画面サイズ:23.8インチ
  • 解像度:3840×2160 4K
  • パネル:IPS ノングレア(非光沢)
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort×1/出力端子:ヘッドホン(ステレオミニジャック)

またまたLGの製品だが、こちらはコスト抑えめ。

映像出力の細やかな機能は他の高価格隊の製品にやや劣るのと、台座調節機能がなくスピーカーも非搭載だったりするが、まずは高解像度の4KであればOK!という場合はかなり安く手に入るのでおすすめ。 

Acer モニター ディスプレイ CB271HKAbmidprx 27インチ

 

  • 27型、4K(3840x2160)
  • IPS、非光沢パネル搭載
  • HDMI v2.0入力端子(MHL対応)
  • DisplayPort v1.2入力端子
  • DVI-D(Dual Link対応)
  • ステレオスピーカー内蔵
  • ヘッドホン端子
  • フレームレス設計
  • マルチスタンド
  • HDCP2.2対応HDMI2.0入力端子

画面を囲うフレームが薄いのが特徴的な、Acerのディスプレイモニター。

いわゆる フレームレスというデザインで、画面への没入感が高まる仕様だ。

 

台座部分がシンプルな見た目だが、高さと角度の調節が可能。チューナーを別途調達すれば4Kのテレビ放送を出力できるHDCP2.2に対応した端子も装備している。

 

LG モニター ディスプレイ 27UD88-W 27インチ

 

LG モニター ディスプレイ 27UD68-W 27インチ

LG モニター ディスプレイ 27UD58-B 27インチ

LGの27UDシリーズ3連発!

27UD88-Wがハイエンド向けの豪華なモデルで、USB tyep-Cを含む全端子での60fps出力可能などが実現されている。

 

27UD68-W 27UD58-B はもう少し価格が下がるが、USB type-Cが無いのと「ハードウェアキャリブレーション」機能が無いのが主な違いになる。

JAPANNEXT JN-IPS240UHD 4K 24インチ液晶ディスプレイ

 

  • 4K (UltraHD) 3,840×2,160ドット
  • 60Hz (HDMI 2.0)
  • 10bit 半光沢(グレア)パネル
  • 24型ワイド液晶モニター
  • HDMI 2.0x1、HDMI 1.4x2 、DPx1
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • MHL
  • PIP/PBP
  • HDCP2.2

コスパ重視のJAPANNEXT製品。

フリッカーフリーやブルーライト軽減など嬉しい機能が付いておりながら、やはり価格の安さが目を引く。

IPS方式の半光沢パネルを搭載しており、IPSにしては応答速度が4msと速い。

オーディオ出力用の端子はあるもののイヤホン出力には対応していない模様。

JAPANNEXT JN-IPS320UHDR 32インチ

  • HDR
  • 60Hz (HDMI 2.0)
  • 非光沢(ノングレア) IPSパネル
  • HDMI 2.0 X1
  • HDMI 1.4 X2
  • DP ( Display port)X1
  • VGA X1
  • FreeSync
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • MHL
  • PIP/PBP
  • HDCP2.2

 32インチとやや大きめディスプレイモニター。

 HDR対応の製品としては価格が抑えめで、その他標準的なブルーライトカットやフリッカー対策も備えている。

大きな画面を生かしたマルチウィンドウ機能や、スタイリッシュなフレームと台座周りのデザインも印象的。 

さりげなくVGA端子も搭載しているため古めのPCともその気になれば接続できる。

ディスプレイモニター関連記事

【おすすめ厳選】良質なPC用4Kディスプレイモニター22選!

 

ディスプレイモニターという製品、サイズ以外はたいして差がないと思っている方も多いかもしれない。

僕自身色々と調べて分かったのだが、意外と機能差は多い。

 

価格も含め、ディスプレイモニターの用途と自分のデスク環境も鑑みて最適なチョイスをしてほしいと思う。

 

おすすめ4Kディスプレイモニター

ノートパソコンやデスクトップの画面拡張用を想定していることもあり、サイズは23〜30インチ程度のもので絞ってみた。

 

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ

 4KかつHDR対応のディスプレイモニターが増えてきた。

こちらもその一つで、比較的安価な製品が多いBenQが送る新製品だ。

 

商品名で謳っているようにゲームプレイに適した機能が数多く搭載されており、応答速度の速いTNパネルを採用しているのがHDR対応製品の中でも珍しい印象。

 

ちょっとまだ実機を見れておらず、

周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスPlus技術搭載

とのことだが、こちらの機能がどのくらい働いてくれるかが結構気になる。コアなゲーマーは日中帯から夜通しでプレイすることもあるだろうから、周りの明るさや色味に合わせてちゃんと機能するのなら結構役立つのではないだろうか。

まあ違和感があるようならこの機能をオフにして使用すれば良いだろう。

 

TNパネルによる応答速度1msの実現や、滑らかでカクカクするのを抑えた60fpsのリフレッシュレートなど、カタログスペックを見る限りでは結構豪華な環境でゲームプレイができそうな一品だ。

 

ちなみに、同じくBenQの類似製品でEW3270Uというのも発売されている。

 

こちらの製品もHDR対応で、違いは画面サイズ(31.5インチ)と液晶パネルがVAな点。 

VAパネルは応答速度でTNに劣るもののコントラストで勝る傾向があり、ゲーム特化ではないが普段使いに適している印象。

 

LG モニター ディスプレイ 27UK850-W 27インチ

LGの新製品。画質周りの機能が豊富で、視野角の広いIPSパネルを採用。

ブルーライト低減や、暗い映像の視認性を高める「Black Stabilizer」というゲーム向け機能もある。

 

HDR10規格に対応しており、SDR映像をHDR画質へ変換するアルゴリズムを実装していることから、"HDR効果"モードを設定することができる。この機能が目玉のようだ。

 

なおUSB Type-C端子を搭載しており、MacBookなど新型のPCとも変換ハブなしで接続できる点もポイント。

3辺フレームレスということで、上と左右の辺のフレームが薄い。台座部分のデザインもスタイリッシュ。

 

LG モニター ディスプレイ 27UK650-W 27インチ

先のLG モニター ディスプレイ27UK850-Wと同じシリーズだが、主たる違いとしてこちらにはUSB Type-C端子が搭載されていない。

価格もやや下がるため、USB-Cを使わない場合はこちらもあり。

あとスピーカーも無い。

 

LG モニター ディスプレイ 27UK600-W 27インチ

さらにさらに、Amazon限定のLG製品。

先のLG モニター ディスプレイ 27UK650-Wとの違いは、台座の高さ調節の有無。

画面の高さにこだわりなく、少しでも安く抑えたい場合はこちらが選択肢となる。

Dell ディスプレイ モニター P2415Q 23.8インチ

 

安心のDELL製品。

僕が一番使っているディスプレイモニター。

画面のマットな質感と発色の美しさに感動しつつ、手頃な4KディスプレイモニターとしてMacBook Proに接続し重宝している。

  

DisplayPort - Mini DisplayPortのケーブルで接続できるため、Macユーザは使いやすいかもしれない。

なおDisplayPortで接続した場合は4K60fpsを出力可能だが、HDMI接続の場合は4K30fpsまでとなる。

 

台座の向きと高さが調節できるのが地味に嬉しく、別のディスプレイモニターと画面の高さを合わせて使用できる。

 

僕の場合だが、PC以外にもPS4と接続してゲームをする用途もある。

PS4はHDMI接続で、基本的にフルHD60fpsで遊んでいることが多い。

前述の通り4Kにしたらフレームレートが30fpsに下がるのだが、そもそも4K対応のソフトがあまりない。

※Display PortとHDMIの変換ケーブルを使えば4K60fps出力可能かもしれないが、試していないのでわからない。

 

ちなみに、本製品向けのスピーカーがある。

 

 

極めて高音質という訳ではないが、画面下部にぴったりと設置できるのがよいのと価格的に手が出しやすいので利用している。

 

PS4の音声もこちらのスピーカーから出力できるが、なぜかPS4からイヤホンマイクみたいな扱いで認識されるため設定で少し迷った。

 

Dell ディスプレイ モニター S2817Q 27.9インチ

 

またまたDELL製品だが、先ほどのディスプレイモニターとほぼ同じ値段で少し大きめの27.9インチ。

その代わり液晶パネルはTN方式だ。

こちらもDisplayPortとHDMI入力に対応。

 

少し広めの画面を使いたく、かつ視野角が気にならない場合はこちらの製品もありだろう。

28インチ近くあれば、2つウィンドウを広げての作業にも余裕で耐えうる。

 

地味にスピーカーを内臓しているのもポイント。

 

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ

 

コスパ重視のお手頃な4Kモニター。

お値段は安いが、しっかりとIPS方式の液晶パネルを備えている。

4K60fpsを出力可能。

スピーカーは非搭載だが、イヤホンジャック付きなので、イヤホンやスピーカーと接続可能。

残念ながら、モニターの高さと角度の調節はできない。

 

こちらもDisplayPort及びHDMI入力に対応しており、Mac製品やPS4と一緒に使っているユーザが多い模様。

若干の初期不良を訴える声があるものの、価格重視の場合には選択肢に入る製品だ。

 

LG モニター ディスプレイ 32UD59-B 31.5インチ

 

大画面かつ高スペック。

HDMI2.0で4Kかつ60fpsを実現できる。PC用とゲーム用モニタを併用しており、ある程度の画面サイズで迫力を楽しみたい場合にはありかと。

 

DisplayPortの端子もあるので、変換ケーブルを用いればMacユーザも接続可能。

さりげなくスピーカーも内臓しており、画面の高さも調整可能と痒い所に手が届くディスプレイモニターだ。

 

30インチOverということで、4Kの高解像度の恩恵をよりわかりやすく受けることができるだろう。Amazonのレビューも結構評価がよい製品。

 

iiyama 4K モニター ディスプレイ 28インチ

 

Amazonのページには書いてないが、公式サイトによると液晶パネルはTN方式だったりする。

ProLite B2875UHSU | B2875UHSU-B1 | 28型 | モニター・液晶ディスプレイの iiyama

 

TNディスプレイということで比較的応答速度が速い(1ms)ことと、4K60fps出力可能なことからゲームプレイにも向いている一品。

 

面白いのが画面分割機能で、最大4画面を同時に1枚のディスプレイに表示でき、28インチの大きめの活かせる。

 

ディスプレイモニターの台座もしっかりとしており、画面の高さと角度が自由に調節できる。

多機能で大画面のためやや値段が貼るが、用途によっては検討の価値があると思う。

 

I-O DATA モニターディスプレイ 27型 LCD-M4K271XDB

 

2018年3月31日発売の新製品。 

同社の旧来製品と日隠すると、目新しい点は応答速度5msを実現する「オーバードライブ機能」や、解像度を向上させる「超解像技術」だ。

 

特に後者はそのままのネーミングだが、重宝しそうな機能である。

フルHDの映像やDVDを再生した映像などを再生する際、4K画質のディスプレイモニターではどうしても元々の映像に拡大処理を行うことになる。

そのため映像がぼやけて見えてしまうことがあるのだが、このような場合に自動的にぼやけを調節して鮮明な映像を実現する機能が「超解像技術」なのである。

 

あまり印象がないかもしれないが、DVDの画質はSDといって720×480しか解像度がなかったりする。4Kと比較すると歴然の差だ。

DVDでなくても、まだまだ世の中には4K画質に対応していない映像の方が多いため、なかなか有用な機能ではないかと思う。

 

更に6W+6W出力のステレオスピーカーも付いており、27インチの大きさながらリモコンも付属するため、ゲーム機と接続した際などに離れて使用することもできる。

 

I-O DATA モニター ディスプレイ 28型 LCD-M4K282XB

 

上記のLCD-M4K271XDBと同系統だが、こちらの方が2年以上前に発売されているため機能的には若干少ない。

 

ブルーライトカット機能を備えており、メガネなどを使わずともブルーライト対策ができる。

僕の場合はモニターの配色を設定で編集して青い光を下げることがあるが、標準機能でブルーライトカットが備わっているのは便利かもしれない。

 

イヤホンジャックを含め一通り端子の種類もそろっており、台座の高さと角度も調節可能。あっさりと4K60fpsにも対応している。

尖った部分はあまりないが、低価格で大きめのサイズ4Kモニターを手に入れたい場合はぴったりだろう。

 

JN-T280UHD-NS 28型

 

こちらもコスパ重視の場合におすすめな28インチディスプレイモニター。

28インチの横長画面は、90°回転して縦長にしても使える。

60fps、ブルーライトカット、マルチウィンドウ機能など欲しいところは揃っている印象で、Thunderbolt(Mini Display port)対応のためMacとの親和性も高い。

 

液晶パネルはTN方式のため、何気に応答速度が2.5msと比較的速い。

 

Acer ET322QKwmiipx 31.5インチ

 

HDCP2.2に対応したHDMI2.0端子を保つため、テレビの4K放送にも対応している。

※テレビ視聴に必要なチューナーと、HDMI2.0対応ケーブルは別売り。

 

HDR10にも対応しており、明暗のコントラストが美しい映像を楽しめる。

31.5インチと、サイズ的にもモニターとテレビを兼用できそうだ。

 

複数端子による2画面表示にも対応しており、同じ大きさで左右に並べることも、ワイプのようにサブ画面を小さく表示することも可能だ。

 

液晶パネルの種類はVA方式、応答速度が4msと早めのため、ゲーミングモニターとしての性能もアピールされている。

 

EIZO FlexScan EV2785 27インチ

 

こちらも2017年9月に発売されたばかりの比較的新しい製品。

フレームレスデザインが近未来的で物欲をそそるが、なんとこの縁の薄さでスピーカーを搭載している。

 

HDMIで4K60fps出力可能とあるが、USB Type-Cにも対応している数少ないディスプレイモニター。

USB Type-Cといえば新型のMacBook Proを思い浮かべるが、一本のケーブルで映像や音声、電力など多目的の実現が可能だ。

 

その上、「FlexStand」というらしいが台座のスタンドの伸縮機能が優れており見た目がおしゃれ。

 

デザインや機能性、対応端子をみても他の製品より優れているが、値段は高い。

 

Dell ディスプレイ モニター U2718Q 27インチ

 

またまたDellの製品だが、こちらは見た目からして一味違う高級な製品。

まず目につくのはフレームの薄さだが、その他機能面での大きな違いはDELL HDRというPC向けのHDRに対応している点だ。

色彩やコントラストに大きな違いが出てくる。

 

画面の縦横回転やスタンドの高さ調節など細かい部分にも対応している上、ブルーライトへの対策など疲れ目に配慮した設計もなされている点が嬉しい。

 

Acer 4K モニター ディスプレイ RT280Kbmjdpx 28インチ

 

応答速度1msとかなりの速度を誇るため、反応速度にセンシティブなゲームのプレイ時にも影響が少ない。

FreeSyncテクノロジーが際ようされており、GPUとディスプレイモニターの処理ずれ「ティアリング」という現象が発生しないため、滑らかな映像が楽しめる。

上記から、かなりゲームプレイに向いているディスプレイモニターであると言えよう。

 

疲れ目対策の「フリッカー・レス」機能も嬉しく、フリッカーと呼ばれる画面上の細かいちらつきを抑制してくれる。

ブルーライトフィルターも4段階で調節できるため、こちらもゲームプレイに集中する際に優しい機能だ。

 

Acer モニター ディスプレイ CB271HKAbmidprx 27インチ

 

上記に続きAcerの4Kディスプレイモニターだが、こちらはIPSパネルを採用している点と、フレームの薄いデザインが特徴だ。

 

別売りとなるが、対応した4Kテレビに対応したチューナーとHDMI2.0端子を接続すれば、テレビとしても利用可能だ。 

 

ちなみに、同じシリーズで23.8インチの型もある。

Acer 4K モニター ディスプレイ CB241HYKbmjdprx 23.8インチ

 こちらは非常に安価

 

LG モニター ディスプレイ 27UD88-W 27インチ

 

USB Type-Cを搭載した、LGのディスプレイモニター。

薄めのフレームと最新の映像技術が取り入れられ、更に豊富な付属備品が特徴の高スペックな製品。

 

27UD○○というLGのディスプレイモニター製品群があり、本製品はその中でハイエンドモデルの位置付けである。

端子の種類や高度な色彩の技術にそこまでこだわりがない場合、以下のモデル達なら同じディスプレイサイズでもう少し安価に購入できる。

 

LG モニター ディスプレイ 27UD68-W 27インチ
LG モニター ディスプレイ 27UD58-B 27インチ

 

JAPANNEXT JN-IPS240UHD 4K 24インチ液晶ディスプレイ

 

JAPANNEXの新製品。3万円台で買えるコスパの良いディスプレイモニター。

フレームレート60fps対応や応答速度4ms、さらにはIPSパネルによる視野角178°と、主要なスペックは揃っている印象。

10bitカラーパネルなので、鮮やかな色彩を再現できる。

 

Display Portからの入力で解像度3840×2160・フレームレート60fpsを実現可能だが、HDMI端子の場合は世代によって30fpsに制限されるようなので注意。

 

JAPANNEXT JN-T2880UHDR 4K HDR対応 28インチ液晶ディスプレイ

 

 HDR対応からフリッカーレス、ブルーライトカット、応答速度最大2msにHDCP2.2対応と主要な機能が非常に多く搭載されており、5Wのステレオスピーカーまで搭載されている。

2018年5月発売の新しい製品。

 

JAPANNEXT JN-IPS320UHDR 32インチ

またまたJAPANNEXTのディスプレイモニター。こちらは32インチとやや大きめ。

画面が大きいのと、HDRに対応していたりIPSパネルを採用しているのに、価格が安め!

その他フリッカー対策やブルーライトカットなど標準的な機能が搭載されており、普段使いにあまり困らなさそう。

 

シャープな印象の台座が目を引き、全体的にシルバーが多い近未来的なデザインも印象に残る。

あまり名前を聞かないメーカーかもしれないが、結構な数のディスプレイモニター製品を発売しているJAPANNEXT、選択肢として多いにあり。

 

新型のディスプレイモニターにしては珍しく、VGA端子を備えている。

大きな画面を活かしたマルチウィンドウ機能にも注目だ。

 

番外編:Agedok 15.6 インチ 4K モバイルモニター

ちょっと情報が少なかったのだが、変わった製品を見つけたので紹介。モバイルということで、可搬できる4Kディスプレイモニター製品。

 

15.6インチと、大きい方のMacBook Proと同じくらいの画面サイズで、4K製品の中ではコンパクトだろう。

 

PS4やXBOX360などゲーム機と接続しての利用が想定されてるようで、2msと短い応答速度と内臓スピーカーが実装されている。

が、スピーカーの質がどの程度かはよくわからない。

 

製品画像だと青いパネルだけ確認できるのでタブレットのような印象を受けるが、電源アダプタも付属する模様。内臓電池での稼働が可能なのかは不明。

 

機能別対応製品

製品数も機能も多く選ぶだけでも一苦労だろう。

と思って、主要な機能別に対応している製品をまとめてみた。購入する製品の選定の際、参考にしていただきたい。 

FreeSync

ディスプレイモニターが映像を表示するときの遅延による画面のカクつきを抑える機能。

動画やゲームにディスプレイモニターを使用する場合、ぜひ抑えておきたい機能だ。

BenQ EL2870U
LG 27UK850-W
LG 27UK650-W
LG 24UD58-B
LG 32UD59-B応
iiyama B2875UHSU-B1
I-O DATA LCD-M4K282XB
Acer RT280Kbmjdpx
JAPANNEXT JN-T2880UHDR
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

フリッカーレス

フリッカーフリーと呼ばれることも。

バックライトのちらつきを抑える機能で、疲れ目の緩和にひと役買うと言われている。

BenQ EL2870U
I-O DATA LCD-M4K271XDB
I-O DATA LCD-M4K282XB
JAPANNEXT JN-T280UHD-NS
Acer RT280Kbmjdpx
LG 27UD88-W
JAPANNEXT JN-T2880UHDR
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

ブルーライト軽減機能

疲れ目の原因になると言われることもある青色の光、いわゆるブルーライトを軽減する機能。名前の通りだが。

BenQ EL2870U
iiyama B2875UHSU-B1
I-O DATA LCD-M4K271XDB
I-O DATA LCD-M4K282XB
JAPANNEXT JN-T280UHD-NS
LG 27UD88-W
JAPANNEXT JN-T2880UHDR
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

HDR

本記事の後半で結構詳しく記述したのだが、画面の輝度、明るい部分と暗い部分をよりはっきりと再現できる機能だ。

BenQ EL2870U
LG 27UK850-W
Dell U2718Q
JAPANNEXT JN-T2880UHDR
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

USB-C

次世代のUSB、一本で給電から映像出力、データ転送まで実現できる。

新型のMacbookシリーズなどに搭載されているインターフェースだが、ディスプレイモニター側では対応製品がまだまだ少ない印象。

LG 27UK850-W
EIZO FlexScan EV2785-WT
LG 27UD88-W

 

以下の記事も参考にしていただきたい。

【全10機種】USB Type-Cで接続できるディスプレイモニターをまとめて紹介! - よし任せろ!

応答速度

入力から画面への出力にかかる時間で、FPSなどタイミングがシビアなゲームプレイ時に重宝される。

応答速度が早めの製品をピックアップして見た。

BenQ EL2870U (1ms)
JAPANNEXT JN-T280UHD-NS (2.5ms)
Acer RT280Kbmjdpx (1ms)
JAPANNEXT JN-IPS240UHD
JAPANNEXT JN-T2880UHDR(2ms)

HDCP2.2

別途チューナー等が必要だが、4Kのテレビ放送を見るために必要な機能。 

LG 24UD58-B
LG 32UD59-B応
iiyama B2875UHSU-B1
I-O DATA LCD-M4K282XB
JAPANNEXT JN-T280UHD-NS
Acer ET322QKwmiipx
Acer CB271HKAbmidprx
LG 27UD88-W
JAPANNEXT JN-IPS240UHD
JAPANNEXT JN-T2880UHDR
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

フレームレスデザイン

機能というよりデザインになるが、画面に対する枠の薄い製品。

画面内と外を隔てる枠の存在を意識させない作りのため、没入感が上がるだろう。

LG 27UK850-W
LG 27UK650-W
EIZO FlexScan EV2785-WT
Dell U2718Q
Acer CB271HKAbmidprx

IPS液晶

視野角が大きくリッチなIPS液晶の製品を求める方も多いかと思いまとめてみた。

Dell P2415Q
LG 27UK850-W
LG 27UK650-W
LG 24UD58-B
Dell U2718Q
Acer CB271HKAbmidprx
LG 27UD88-W
JAPANNEXT JN-IPS240UHD
JAPANNEXT JN-IPS320UHDR

スピーカー内蔵

地味に嬉しい、スピーカー内蔵機能。

ちゃんとした音響で楽しみたい場合は別途設備を購入するのがおすすめだが、その辺のノートパソコンよりは良い音質だったりする。

BenQ EL2870U (1ms)
LG 27UK850-W
LG 32UD59-B応
Acer ET322QKwmiipx
EIZO FlexScan EV2785-WT
Acer RT280Kbmjdpx
Acer CB271HKAbmidprx
JAPANNEXT JN-IPS240UHD
JAPANNEXT JN-T2880UHDR

 

ディスプレイモニターの基本知識

ディスプレイモニターを説明する上で頻出の語句も紹介しておきたい。

(よく知っている人は読み飛ばしてね)

 

4Kとは

4Kとは簡単にいうと、よく聞くであろうフルHD」と呼ばれる画質の4倍きめ細かい解像度のことだ。

細かく言うならば、横と縦のピクセル数が3840×2160となり、横のピクセル数が(だいたい)4000であることがわかる。Kは「キロ」を表すため4Kと呼ばれることが由来だ。

 

フルHDだと目を凝らせば文字がカクカクしたドットで構成されていることが視認できるが、4Kではほとんどわからない。4Kの場合は曲面がなめらかな曲面のまま。

よく意識しなければ気づかない差異かもしれないが、並べて見ると違いがよくわかる。

 

4Kのディスプレイモニターを通して見る画像はもはや写真、肉眼で捉えた風景に迫る美しさだ。 

 

就業後や休日に、ネットの海をさまよう時間は至福のものだ。ディスプレイモニターを通して見る風景は、その時だけは自分の世界そのものと言って差し支えない。

画質にこだわりがない方も多いと思うが、世界はより美しいに越したことはないと思わないだろうか。

 

フレームレート

フレームレートとは、動画において1秒あたりに処理される静止画像の数だ。「fps」という単位で表される。

 

コマ撮りやアニメーションを考えるとわかるが、動画は数多くの静止画を連続で処理することで動いているように見える。

当然、静止画の枚数が大きいほど動きは滑らかになるため、フレームレートも数字が大きいほどぬるぬる動く。

 

このフレームレート、動画や映画など映像をよく見る場合や、ゲームをプレイする場合は重要となってくる要素だ。

 

画質モードや出力端子によってfps数の出力が変わってくる場合もあるが、ディスプレイモニターで多いパターンが30fpsか60fpsだ。動画を1秒間に30枚、あるいは60枚の静止画で表すということになる。

 

もちろん60fpsの方が滑らかに動画が映るので、用途として映像再生を視野に入れているのであれば60fpsを出力可能な製品がおすすめ、特に気にしない場合はどちらでも良いだろう。

※ゲーム用に特化した144fpsを出力可能な製品もあったりする。

 

液晶パネルの種類

ごく簡単に行こう。

 

液晶パネルというのは、まあディスプレイモニターのディスプレイ部分のことだ。

この液晶パネルにはいくつか方式があり、主な種類と簡単な特徴は以下だ。

 

TN方式

コストが安い代わりに視野角によって変色しやすい。

斜めからディスプレイモニターを覗き込むと変な色だった経験はないだろうか。それはきっとこのTN方式だ。

構造上、応答速度が早いというメリットもある。

VA方式

こちらも視野角による変色が弱点だが、TN方式よりコントラストが優れている。

応答速度も早く、TN方式よりコストは高め。

IPS方式

上記2つに比べると視野角に強く、斜めから見てもあまり色が変わらない。

発色も美しく高品質なイメージが強いが、応答速度はあまり早くなくコストも高め。

 

さっくりまとめると、以下のような優劣関係がある。

  • 画質:IPS > VA > TN
  • コスト:IPS > VA > TN 

 

ディスプレイモニター端子の種類

 

PCとディスプレイモニターを接続するには当然ケーブルが必要だが、規格の種類が数多く存在する。

主要な端子に対応しているディスプレイモニターも多いが、自分の使っているPCや周辺機器などと接続可能か事前に確認しておくと良い。

 

古い規格も合わせると非常に多くの種類があるが、ここでは現在主に使われている端子の種類を紹介する。

 

HDMI

現在最もメジャーに採用されている端子の一つだろう。高画質な映像を転送できる規格で、多くのPCやテレビ、ゲーム機などに実装されている。

HDMI規格の中でもいくつかバージョンがあり、HDMI1.4HDMI2.0などと表記される。

当然数が大きい方が高性能となるわけだが、例えばHDMIは4K/30fps対応なのに対し、HDMI2.0は4K/60fps対応となる。

 

ディスプレイモニターを選ぶ際、HDMIの対応バージョンまで確認しておけると良いだろう。

 

DisplayPort

こちらも高画質な映像の転送を想定して発表された規格。

4Kモニターには、HDMIとこのDisplay Portの両方に対応した製品も多い。

 

また、このDisplay Portを小型化した『Mini Display Port』という規格もある。

Macのノートブックなどに搭載されている『Thunderbolt』という規格と互換性があり(というか端子が同じ形をしている)、Display Port と Mini Display Portを変換するケーブルを用いてディスプレイモニターに接続できる。

 

D-Sub (VGA)

 

最近のディスプレイモニターでは徐々にみられなくなってきているが、フルHDなどの製品で多く実装されている端子。

なお、VGAは規格上4K表示に対応していないため、注意してほしい。 

 

 

ここで紹介したケーブル端子の規格だが、相互に規格を変換する製品も数多くある。

自分のPCにディスプレイモニターを接続する際、変換ケーブルの要否も確かめておこう。

 

ディスプレイモニターの輝度

輝度とは、字の如くディスプレイモニターの画面の明るさのことだ。

単位は「カンデラ(cd/m²)」で表される。ディスプレイモニターのスペックで、300cd/m²とか400cd/m²と表記されているのを見た事があるかもしれないが、それが表現できる最大輝度を示している。

この数字が大きくなるほど、画面の明るさの上限も上がる。

 

目安として、ディスプレイモニターの相場だと300-500cd/m²の製品が多いように思う。

大画面テレビなどの製品は、離れて使用するケースが多いため輝度が高めの傾向がある。

 

常に最大の明るさでディスプレイモニターを使用するとは考えにくいが、設定の上限値として輝度のスペックも意識してみると良いだろう。

 

HDRとは

ディスプレイモニターの製品スペックに「HDR対応」等と書かれている事がある。

なんとなく画質に寄与する技術だと想像がつくかもしれないが、具体的にどのようなメリットがありどんな場合にあると良いのか、ここで述べておく。

 

 HDRとは、「High Dynamic Range(ハイ・ダイナミックレンジ)」の略語で、画質の輝度に関わる技術だ。

具体的には明るい部分と暗い部分の差、明暗差をよりはっきりと表現する事ができる。

Range(レンジ)という言葉の通り、明るさと暗さの幅をより広く表す事ができるのだ。

 

HDRに対し、従来のレンジはSDR「Standard Dynamic Range(スタンダード・ダイナミックレンジ)」と呼ばれている。

 

SDRでは、明るい部分に合わせれば暗い部分が潰れてしまい、暗い部分に合わせると明るい部分が白っぽくなってしまう。

f:id:big-sosu:20180202222313j:plain

引用:copyright (c) 1996-2018 EIZO Corporation. All Rights Reserved.

 

ディスプレイモニターの表現技術では、人間の視覚で捉えられる明暗の範囲をカバーすることができなかった。暗い部分と明るい部分をより自然に、人間の視覚により近づけるための技術がHDRである。

 

と言っても、HDR技術を用いても人間の視覚には及ばないらしい。

ディスプレイモニターで表現できる明暗のダイナミックレンジは、

  • SDR = 10の3乗(cd/m²)
  • HDR = 10の5乗(cd/m²)

となっている。 HDRの時点でSDRから100倍の進歩があるわけだ。

 

それに対し、人間の視覚で認識できる明暗差のダイナミックレンジは、ディスプレイモニター風に表すと10の12乗と言われている。

 

f:id:big-sosu:20180202223304j:plain

引用:copyright (c) 1996-2018 EIZO Corporation. All Rights Reserved.

 

そう考えると、人間の視覚能力が凄まじい。 

ディスプレイモニター関連記事

【圧倒的没入感】おすすめのフレームレス4Kディスプレイモニター5選!

美しい画像や映像を映し出す、4Kモニター。

近年は動画サービスの充実やアップロードされる動画の画質向上などから、高解像度のモニターを重宝している方も多いのではないだろうか。

 

モニターを通じて見る世界により没入感を高めるため、外界との隔たりであるフレームが薄いデザイン、いわゆるフレームレスデザインの4Kモニターをいくつかまとめてみた。

 

美しい映像に加えて、ゲームや動画をどっぷりと楽しみたい方は一つ試してみてはいかがだろうか。

 

フレームレスデザインの4Kモニター 

LG モニター ディスプレイ 27UK850-W 27インチ

  • 3辺フレームレスベゼル デザイン
  • HDR10対応
  • sRGB99%以上/ハードウェアキャリブレーション対応
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort(Ver1.2)×1、USB Type-C×1
  • 5W×2 スピーカー内蔵
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1、USB Type-Cケーブル×1

 HDR10に対応したIPSフレームの4Kモニター。

 フレームが薄いのがもちろんのことだが、ディスプレイ自体もかなり薄く、横から見るとスタイリッシュなので是非商品画像で確認してほしい。

 

台座もどっしりとした者でなく、さすまたの様な形状をしており全体的に近未来的なデザインだ。台座の前方スペースに何か置けるスペースがありそう。

 

若干根が張るものの高機能で、画面の角度調節や縦横切り替えが可能なため様々な用途で利用可能。とはいえ目玉の機能はやはり映像再生に向いているものが多い。

 

USB-Type C端子も実装しているため、新型のノートPCなどと接続して使える点もポイント。

LG モニター ディスプレイ 27UK650-W 27インチ

  • 3辺フレームレスデザイン
  • HDR10対応
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort×1
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • チルト対応:-5~15° / ピボット対応 / 高さ調節対応:110mm
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1

 一つ上の商品と同じLGのディスプレイモニター。

機能も共通しているものが多いが、こちらにはUSB Type-Cとスピーカーが無いのが主な違い。

少し価格も下がるので、必要な機能で選ぶのが良い。

EIZO FlexScan EV2785 27インチ

 

  • 4K UHD (3840×2160) 27インチパネル
  • フレームレスデザイン
  • 正面にスピーカー搭載
  • USB Type-C搭載
  • 最適な画面調整「FlexStand」を採用
  • 自動調光機能などの疲れ目抑制機能
  • HDMIでの4K/60Hz出力対応

USB Type-C端子を実装したフレームレス4Kディスプレイモニター。

台座の高さや角度をきめ細かく調整できるちょっと変わったスタンドが特徴的。

製品自体がが白いので、白い壁などを背景に使用すればより没入感が高まりそう。

 

値が張るだけあってモニター自体も高機能で、メジャーな機能は一通り揃えている。

Dell ディスプレイ モニター U2718Q 27インチ

 

 またまたDellの製品だが、こちらは見た目からして一味違う高級な製品。

  • DELL HDR、InfinityEdge対応
  • 超薄型ベゼル設計の27インチ
  • IPS非光沢
  • 輝度:350(Normal)-550(HDR)cd/m²、コントラスト比:1300:1
  • 応答速度:5ms
  • カラー:sRGB/Rec.709 99.9%、DCI-P3 80.7%
  • 入出力端子:HDMI2.0, DP1.2,mDP1.2, USB3.0x4
  • 高さ調節可能

Dellのディスプレイモニターは数多く目にするが、フレームレスデザインの製品は珍しい。

機能を見る限りハイエンド向けのモデルで、同じくらいのサイズのDell製品の中では価格もやや高め。

Dellの4Kディスプレイモニターは他にもあるが、こちらはHDRに対応している。

 

Acer モニター ディスプレイ CB271HKAbmidprx 27インチ

 

  • 27型、4K(3840x2160)
  • IPS、非光沢パネル搭載
  • HDMI v2.0入力端子(MHL対応)
  • DisplayPort v1.2入力端子
  • DVI-D(Dual Link対応)
  • ステレオスピーカー内蔵
  • ヘッドホン端子
  • フレームレス設計
  • マルチスタンド
  • HDCP2.2対応HDMI2.0入力端子

こちらはAcerの製品。

ここまで紹介してきた製品のなかではあまり高価でない部類。

フレームは細いが、それ以外の台座のデザインはまあよくあるモニターって感じだ。

機能的にはそこそこ揃っているが、台座の高さが調整できない点と若干端子の数が少ないのが難点か。

コスパ的には良いと思うので、予算に限りがある場合は選択肢となるだろう。

 

ここまで紹介してきて、フレームレスデザインの4Kディスプレイモニター製品は高機能な傾向にあると思う。

そのためやや値が張る製品もあるが、それなりにスペースを取るディスプレイモニターはオブジェとしても存在感があるもの。

予算があるなら、機能的にも満足できてデザイン性も高いフレームレス製品を検討してみてはいかがだろうか。

 

ディスプレイモニター関連記事

【情報処理安全確保支援士】一発合格した勉強方法・使用教材・勉強期間を公開【2018春】

 

運良く、2018年春の情報処理安全確保支援士試験に一発合格することができた。

対して目新しい学習方法を実践したわけではないが、予想していたより効果的に学習できていたようなので覚書がてら記しておきたい。

 

受験結果

・午後1試験:免除(応用情報受かってた)

・午前2試験:96点

・午後1試験:77点

・午後2試験:91点

 

特に午前2と午後2で高得点を取ることができた。

自分で思っていた点数よりかなり高く、心配していたほど採点は厳しくなかったという所感。

繰り返し解いた過去問演習の成果が出た。

 

受験動機

セキュリティへの興味を押さえきれなかったから…

というのは冗談で、会社で取得を推奨されていたというのと、秋に受験を考えているネットワークスペシャリストと関係の深い分野という意識で臨んだ部分が大きい。

 

受験者のスペック

保有資格:基本情報技術者、応用情報技術者、CCNA

※あまり関係ないと思うが一応AWSのソリューションアーキテクトも。

 

業務経験的にはネットワークを少々(1~2年ほど)かじった程度。

ネットワークはジャンル的にセキュリティと関係が深いというし、応用情報も持っていることから全くの試験初心者というわけではなかった。

とはいえ、ネットワークに関わらないセキュリティ分野はからきしといった感じ。

 

セキュアプログラミングやサーバサイドのセキュリティ、監査とかはさっぱりわからない状態からのスタートだった。

 

勉強期間

4月末から対策をはじめたため2ヶ月弱といったところ。

といっても平日はあまり時間が取れず、勉強できて1時間くらい。勉強できない日もざらにあった。

基本的には土日に頑張る必要があり、休日は1日4〜5時間くらいは勉強していた。

 

勉強方法、使用した教材

午前2試験は安定の情報処理安全確保支援士ドットコム。

情報処理安全確保支援士ドットコム

それ以外は使用していない。

 

午前2試験の対策は、情報処理安全確保支援士ドットコムを周回するだけ。

本当にこれだけだが、結果を見る限り自分でも思ったより効果が出ていたようだ。

有名な話だが午前問題は過去問からの出題率がかなり高く、過去問の周回がかなり威力を発揮する。

午前2試験は問題数も多くないため一周が結構サクッと終わるので、ここはぜひ押さえておきたい。

 

応用情報を受けた時の記憶が若干残っていたのと、各問題には簡単な解説も用意されていることから、かなりスムーズに学習を進めることができた。

 

余談だが僕の場合は、平日仕事で帰りが遅くなりあまり時間が取れなかった時を中心にこの午前2の対策を細切れに実施していた。

 

山場である午後1と午後2試験用には、以下の諸々を使用。

知識補填用の教材

主に暗号技術と証明書関連の知識補填に使用。

本質的な理解を助けてくれる良著だと思う。

そもそも文体が内容に興味をそそるよう上手く書かれており、テーマ上どうしても難解になる技術的な仕組みも、最大限わかりやすく解説されている。

試験対策を抜きにしても、お気に入りの一冊だ。

 

過去問を解いていく中で、時折HTTPのヘッダとかWEB系の通信内容を読み解く系の出題があることに気が付いた。が、あまりにも知識がなかったため一読してみた。

関係ないところは読み飛ばしながらサクッと読了したが最低限の知識は付けることができたと思う。

 

試験対策用の教材

個人的に最も難関だと認識していたのは午後1試験だ

というのも、午後1試験は3問中2問を解答するのだが、例年うち1問はセキュアプログラミングに関わる問題が出題されるのが恒例のパターンだ。

セキュアプログラミングをやったことがない僕は必然的に残された2問を選択することになるため、1問でも壊滅したらその時点で不合格が確定してしまう。

 

ということで、浅く広く知識の収集を意識しながらこちらの教材を読んでいくことに。

非常に分厚い。

ある程度知識のあるネットワーク関連のところはサクッと読み飛ばし、全く知らない分野は読み込むと時間がかかってしまうのでなおさら読み飛ばした。

細かいところまで覚えようとせず、なんとなくキーワードと概念が頭の片隅に入った状態で過去問演習へシフト。

 

過去問は以下の教材を使用。

同シリーズを過去5冊分くらい買った。

ご存知の方も多いと思うが、情報処理試験の過去問題と解答はIPAの公式サイトで公開されているため無料で入手できる。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:過去問題

 

ただ問題の解説は掲載されていないため、学習用に詳しい問題解説を望むのであれば別の方法で入手することができる。

僕が購入した過去問の教材は、各1冊に1回分の試験範囲の問題と解答、詳しい解説が掲載されているものだ。

せっかくお金を出した買ったんだからというMOTTAINAI精神が働き、この教材の一番の価値である問題と解答解説をできる限り読み込もうという意識が働いた。

解説を読んでいて理解できなかったり知識に不安があった場合は前述の分厚いテキストに戻り解説を読む、ということを繰り返しながら知識の補充と問題慣れを進めていった。

 

多くの受験経験者がいうが、過去問演習は絶大な威力があり、試験に必要な知識を補填してくれることはもちろん、この試験ならではの解答方法に徐々に慣れていくことができる。

 

実際に過去問を解いてみるとわかると思うのだが、問われていることに対して全く何も答えられないというケースは意外と少なかったりする。

知識問題で答えようがない場合仕方ないのだが、少し粘って間違えた記述問題は大抵の場合、

・方向性は合っているが具体的でない

・逆に詳しく書きすぎている

・より優先される(ふさわしい)観点がある

 

などが多く、他にも色々あるがとにかく記述問題を多くこなすことで解答の粒度というか精度が徐々に向上していく。

このように書くと試験テクニック中心の学習のようにも思えるが、最大限ポジティブに解釈すると、試験で問われていることに正確に解答する観点というのは実業務でもきっと重宝すべきなのだ(と信じている)。

 

とはいえ試験に特化してポイントを押さえた解答テクニックは確かにあるので、手っ取り早くそれを取得したい場合は以下の教材が定番。

こちらを試験2週間くらい前から駆け込みで読んでみたが、後ろの方に載っている速攻サプリに過去出題された記述問題の設問と解答がまとめて記載されており、非常に重宝した。

 

やっておけばよかったこと

結果的に合格できたからよかったものの、学習内容で不足していたと感じた部分を記しておきたい、

 

・暗号化アルゴリズムの細かい仕様とか名前とか勉強すればよかった

そんな細かいとこまで出題されないと思ってたら、意外と出ることがある。

合否を左右するような高い配点の問題ではなさそうだが、余裕があってより安全圏での合格を狙うなら覚えておいて損はない。

 

・脅威となる攻撃の内容

午前の選択問題でよくみる各種攻撃について、手法や影響がどのようなものかという掘り下げた理解が不十分だった。

ブルートフォース攻撃やDDoSなどわかりやすいものはまだ良いのだが、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションとったテクニカル寄りの攻撃方法は名前とキーワードだけ知っているレベルで中身を全く理解していなかったように思う。

というのも、今回の午後問題で思いっきりクロスサイトスクリプティングに関する問題が出題され、全くわからなかったのだ。

 

運良く思ったより配点が高くなかったのと、想像で書いたキーワードから一部部分点をもらえたようで深刻なダメージにはならなかったが、メジャーな攻撃手法くらい押さえておけという出題者の意思を感じたのだった。

 

・トレンド

僕が受験した回では出題がなかったが、トレンドで話題になった要素が出題されることがあるらしい。

僕はよくわからずに見送ったものの、そろそろブロックチェーンに関わる出題があるのではと推測されているようだ。

 

受けてよかったこと

たまに言われるのだが、セキュリティスペシャリスト時代からこの試験はある程度出題パターンが限られており、シュチュエーションや表現を変えながらも本質的に同じ内容を問う問題が多く出題されてきた。

 

逆を言えば、過去問を中心に学習を進めることでオーソドックスなパターンやセキュリティ上課題になりやすいケースが自然と頭に入るということだ。

 

現場でアーキテクチャを検討することがあるが、以前より明確にセキュリティや監査上の観点を気にするようになったと思う。

【4K/フルHD】HDR対応のおすすめディスプレイモニター【8製品掲載】

4KやフルHDなど、画質の解像度を表す言葉はよく聞くと思う。では、HDRとは一体何だろうか。

一言でいうと、表示されている映像の輝度に関わる技術である。明暗のコントラストがはっきりとした美しい映像を求めるのであれば、HDR対応のディスプレイモニターを使うという選択肢がおすすめだ。

 

ということで、HDRに対応した4K・フルHDのディスプレイモニター製品を、それぞれピックアップしてみた。

 

HDR対応のディスプレイモニター

1.BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ

  • HDRモード対応
  • TNパネル
  • 応答速度1ms(GtoG)
  • AMD FreeSync™テクノロジー搭載
  • フリッカーフリー技術
  • ブルーライト軽減機能搭載
  • 周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライト
  • ネスインテリジェンスPlus技術搭載
  • HDMI2.0x2
  • DisplayPort1.4
  • 一体型スピーカー搭載

 4KかつHDR対応のディスプレイモニターが増えてきた。

こちらもその一つで、比較的安価な製品が多いBenQが送る新製品だ。

 

商品名で謳っているようにゲームプレイに適した機能が数多く搭載されており、応答速度の速いTNパネルを採用しているのがHDR対応製品の中でも珍しい印象。

 

ちょっとまだ実機を見れておらず、

周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスPlus技術搭載

とのことだが、こちらの機能がどのくらい働いてくれるかが結構気になる。コアなゲーマーは日中帯から夜通しでプレイすることもあるだろうから、周りの明るさや色味に合わせてちゃんと機能するのなら結構役立つのではないだろうか。

まあ違和感があるようならこの機能をオフにして使用すれば良いだろう。

 

TNパネルによる応答速度1msの実現や、滑らかでカクカクするのを抑えた60fpsのリフレッシュレートなど、カタログスペックを見る限りでは結構豪華な環境でゲームプレイができそうな一品だ。

 

2.LG モニター ディスプレイ 27UK850-W 27インチ 

  • 3辺フレームレスベゼル デザイン
  • sRGB99%以上/ハードウェアキャリブレーション対応
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort(Ver1.2)×1、USB Type-C×1
  • 5W×2 スピーカー内蔵
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1、USB Type-Cケーブル×1

LGの新製品。画質周りの機能が豊富で、視野角の広いIPSパネルを採用。

ブルーライト低減や、暗い映像の視認性を高める「Black Stabilizer」というゲーム向け機能もある。

 

HDR10規格に対応しており、SDR映像をHDR画質へ変換するアルゴリズムを実装していることから、"HDR効果"モードを設定することができる。この機能が目玉のようだ。

 

なおUSB Type-C端子を搭載しており、MacBookなど新型のPCとも変換ハブなしで接続できる点もポイント。

3辺フレームレスということで、上と左右の辺のフレームが薄い。台座部分のデザインもスタイリッシュ。

 

3.LG モニター ディスプレイ 27UK650-W 27インチ

  • 3辺フレームレスデザイン
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort×1
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)/応答速度:5ms
  • チルト対応:-5~15° / ピボット対応 / 高さ調節対応:110mm
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1

 

先のLG モニター ディスプレイ27UK850-Wと同じシリーズだが、主たる違いとしてこちらにはUSB Type-C端子が搭載されていない。

それ以外の機能は共通している部分も多く、もちろんこの製品もHDRに対応している。

価格もやや下がるため、USB-Cを使わない場合はこちらもあり。

 

4.LG モニター ディスプレイ 27UK600-W 27インチ

更に、Amazon限定のLG製品。

先のLG モニター ディスプレイ 27UK650-Wとの違いは、台座の高さ調節の有無。

画面の高さにこだわりなく、少しでも安く抑えたい場合はこちらが選択肢となる。

 

  • 3辺フレームレスベゼル デザイン
  • 滑らかな描写を可能にする「FreeSync」
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」
  • 入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort(Ver1.2)×1
  • 輝度:450cd/㎡(最大) 350cd/㎡(標準)
  • 応答速度:5ms
  • 付属品:HDMIケーブル×1、DisplayPortケーブル×1 

5.Acer ET322QKwmiipx 31.5インチ

 

2017年11月に発売された、比較的新しい製品。

  • 31.5型ワイド
  • 最大解像度:3840x2160 4K 16:9
  • 液晶パネル方式:VA、非光沢
  • 入力端子:HDMI v2.0 x 2(HDCP2.2対応)、DisplayPort v1.2
  • ヘッドホン端子搭載
  • 2W+2W ステレオスピーカー
  • 輝度:300cd/㎡(白色LED)
  • 応答速度:4 ms (GTG)
  • 複数端子入力による2画面表示

 

HDCP2.2に対応したHDMI2.0端子があり、31.5インチとそこそこ大きめの画面のため4K放送のテレビを楽しむ用途にも向いている。

※テレビ視聴に必要なチューナーと、HDMI2.0対応ケーブルは別売り。

 

複数端子から入力した2画面を表示する昨日も実装しており、左右に別々の画面を並べることが可能だ。ワイプのように片方の画面だけを小さくしておくこともできる。

 

液晶パネルの種類はVA方式、応答速度が4msと早めのため、ゲーミングモニターとしての性能もアピールされている。

 

6.Dell ディスプレイ モニター U2718Q 27インチ

 

 またまたDellの製品だが、こちらは見た目からして一味違う高級な製品。

  • DELL HDR、InfinityEdge対応
  • 超薄型ベゼル設計の27インチ
  • IPS非光沢
  • 輝度:350(Normal)-550(HDR)cd/m²、コントラスト比:1300:1
  • 応答速度:5ms
  • カラー:sRGB/Rec.709 99.9%、DCI-P3 80.7%
  • 入出力端子:HDMI2.0, DP1.2,mDP1.2, USB3.0x4
  • 高さ調節可能

 

DELL HDRというPC向けのHDRに対応しており、DELL社の製品では初めてHDRに対応したモデル。色彩やコントラストに大きな違いが出てくる。

 

画面の縦横回転やスタンドの高さ調節など細かい部分にも対応している上、ブルーライトへの対策など疲れ目に配慮した設計もなされている点が嬉しい。

比較的フレームも薄いため、他のモニターとぴったり並べて使用しても良いだろう。

 

7.BenQ モニター ディスプレイ EW277HDR

  • HDR対応
  • 画面サイズ/パネルタイプ:27インチ
  • VAノングレア
  • 解像度:1920x1080 Full HD
  • 輝度:300(Normal)-400(HDRピーク時)cd/m²
  • コントラスト比:3000:1
  • 応答速度:4ms
  • (GtoG)/DCI-P3カバー率93%の広い色域
  • 入出力端子:HDMI2.0x2, D-sub,Audio Line in,ヘッドフォンジャック
  • 付属ケーブル:HDMIケーブル,電源ケーブル
  • ブライトネスインテリジェンス(輝度自動調整機能)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減モード搭載

 

こちらはフルHD画質の製品。

もともとHDR画質に対応していない映像でも、エミュレートしHDRモードで表示する機能を持つ。

また最大輝度も400cd/m²と比較的高く、ブルーライトカットによる疲れ目対策やフリッカー抑制など欲しい機能は一通り揃っている印象。

 

解像度がフルHDで満足できるなら、コスト的にも抑えられるしおすすめの一品だ。

 

8.JAPANNEXT JN-T2880UHDR 4K HDR対応 28インチ液晶ディスプレイ

 

  • HDR対応
  • 60Hz
  • 非光沢(ノングレア)パネル
  • 28型ワイド液晶モニター
  • HDMI 2.0 X2
  • DP ( Display port)X2
  • FreeSync2
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • HDCP2.2
  • 2ms (最大)応答速度対応

 HDR対応からフリッカーレス、ブルーライトカット、応答速度最大2msにHDCP2.2対応と主要な機能が非常に多く搭載されており、5Wのステレオスピーカーまで搭載されている。

2018年5月発売の新しい製品。

 

HDRの基礎知識

こちらの記事にも書いたのだが、ここからは、そもそも HDRとはどのような概念なのかを少し解説する。

www.yoshi-makasero.com

 

ディスプレイモニターの輝度

輝度とは、字の如くディスプレイモニターの画面の明るさのことだ。

単位は「カンデラ(cd/m²)」で表される。ディスプレイモニターのスペックで、300cd/m²とか400cd/m²と表記されているのを見た事があるかもしれないが、それが表現できる最大輝度を示している。

この数字が大きくなるほど、画面の明るさの上限も上がる。

 

目安として、ディスプレイモニターの相場だと300-500cd/m²の製品が多いように思う。

大画面テレビなどの製品は、離れて使用するケースが多いため輝度が高めの傾向がある。

 

常に最大の明るさでディスプレイモニターを使用するとは考えにくいが、設定の上限値として輝度のスペックも意識してみると良いだろう。

 

HDRとは

ディスプレイモニターの製品スペックに「HDR対応」等と書かれている事がある。

なんとなく画質に寄与する技術だと想像がつくかもしれないが、具体的にどのようなメリットがありどんな場合にあると良いのか、ここで述べておく。

 

 HDRとは、「High Dynamic Range(ハイ・ダイナミックレンジ)」の略語で、画質の輝度に関わる技術だ。

具体的には明るい部分と暗い部分の差、明暗差をよりはっきりと表現する事ができる。

Range(レンジ)という言葉の通り、明るさと暗さの幅をより広く表す事ができるのだ。

 

HDRに対し、従来のレンジはSDR「Standard Dynamic Range(スタンダード・ダイナミックレンジ)」と呼ばれている。

 

SDRでは、明るい部分に合わせれば暗い部分が潰れてしまい、暗い部分に合わせると明るい部分が白っぽくなってしまう。

f:id:big-sosu:20180202222313j:plain

引用:copyright (c) 1996-2018 EIZO Corporation. All Rights Reserved.

 

ディスプレイモニターの表現技術では、人間の視覚で捉えられる明暗の範囲をカバーすることができなかった。暗い部分と明るい部分をより自然に、人間の視覚により近づけるための技術がHDRである。

 

と言っても、HDR技術を用いても人間の視覚には及ばないらしい。

ディスプレイモニターで表現できる明暗のダイナミックレンジは、

  • SDR = 10の3乗(cd/m²)
  • HDR = 10の5乗(cd/m²)

となっている。 HDRの時点でSDRから100倍の進歩があるわけだ。

 

それに対し、人間の視覚で認識できる明暗差のダイナミックレンジは、ディスプレイモニター風に表すと10の12乗と言われている。

 

f:id:big-sosu:20180202223304j:plain

引用:copyright (c) 1996-2018 EIZO Corporation. All Rights Reserved.

 

そう考えると、人間の視覚能力が凄まじい。

 

ディスプレイモニター関連記事

【おすすめ厳選】dアニメストアで視聴できる面白いアニメ一覧【25作品超】

 

配信作品数2000以上を誇る、アニメ好きのための動画配信サービス『dアニメストア』。

  

多いのは嬉しいが、それだけあるとどの作品を見て良いかわからなかったりする。

  

というわけで、完全に個人の独断と好みでdアニメストアで視聴できるおすすめ咲く日hをリストアップしてみた。

 

ジャンル指定は特になし、とにかくおすすめの面白い作品をラインナップしたつもり。

 

動画配信サービスのラインナップは2017年12月時点に一生懸命調査したものです。

作品ラインナップは変更される可能性があります。

 

よんでますよ、アザゼルさん

 

 

  • 悪魔を使役する探偵事務所が舞台のギャグアニメ
  • コミカルな悪魔達が巻き起こす珍騒動
  • 第1期:2011年作品 全13話
  • 第2期:2013年作品 全13話

 

色々な能力を持った悪魔が人間社会に召喚され使役されるというギャグアニメだが、下ネタが多用され、極めて下品な表現も頻繁に出てくる作品。

 

そのため人を選ぶ作品だが、声優の演技も合わさって結構笑える。

1話あたりの尺が15分ということもあり、ライトに楽しみたい時はおすすめ。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

  

キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎

 

 

 

  • ※ギャグアニメです
  • キュートな造形のトランスフォーマーが語り合う
  • 人気を出すための案を出し合うが、最終的に大喜利になる
  • 第1期:2015年作品 全13話
  • 第2期:2015年作品 全13話

 

トランスフォーマー作品30周年の記念に制作されたショートアニメ。

まずトランスフォーマーを知っていれば話が早いのだが、要は乗り物がロボットに変形するアレだ。

 

今作品は人気声優がトランスフォーマーに扮し、国内の主要なパーキングエリアをバックに語り合うという構成なのだが、非常にアドリブ色が強い。

 

毎回あるテーマに沿って討論を始めるのだが、後半でボケを重ねる大喜利になるのがお約束。

見ていて楽しいし、ラジオ感覚で作業しながら流したいアニメだ。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

となりの怪物くん

 

 

  • 勉強一筋の冷血女子と、乱暴者だが純粋な天才少年
  • 少女漫画が原作の学園ラブコメ
  • 2012年作品 全13話

 

少女漫画には珍しく、頭脳明晰で冷静というハイスペックな女の子が主人公。

 

クールながらもリアクションが可愛い主人公だが、それ以上に男の方が可愛く見えたりする。

 

良い意味で安心して観られないラブコメ作品で、二転三転する登場人物の心情や、展開の急さに引き込まれる。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

琴浦さん

 

 

  • 人の心を読む女の子と、心を読まれても意に介さない男の子の話
  • とりあえず第1話観てほしい!1話!!
  • 2013年作品 全12話

 

主人公の琴浦さんが人の心を読むというファンタジー要素があるが、それ以外は学園ラブコメアニメ。

心を読むという特性上キッツイ描写があったりする(特に序盤)が、徐々に甘酸っぱいシーンも出てきてバランスが取れていると思う。

 

第1話を観てグッと引き込まれるなら全部見るべし!

 

ニコ動で配信された時に話題になったなー。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

幼女戦記

 

f:id:big-sosu:20171219000304j:plain

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会 アニメ「幼女戦記」より

 

 

  • 日本のエリートサラリーマンが幼女に転生
  • 魔法ありのファンタジー世界
  • 頭脳派で残忍な幼女が敵を蹂躙する
  • 2017年作品 全12話

 

こんなタイトルだけど、決して萌えアニメの類ではない。

 

現実世界のエリートが、どこかの国を彷彿とさせる異世界に幼女として生まれ変わる。

設定だけ見ると出オチかもしれないが、この幼女が戦場で敵を蹂躙し、大真面目に戦術を語る。

 

メインビジュアルのインパクトもさながら、

設定だけでなくストーリーも面白い点が良い。仮に主人公が幼女でなく歴戦の戦士だとしてもきちんと物語として成立するのだ。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

とある魔術の禁書目録

 

 

  • 原作はめちゃめちゃ売れたライトノベル作品
  • 能力バトルもので、主人公は『無効化能力』
  • 2018年に第3期が放送予定
  • 第1期:2008年作品 全24話
  • 第2期:2010年作品 全24話

 

無効化能力持ちの主人公が、科学の街と魔術の世界を行ったり来たり奮闘する。

その二面性が面白い。

 

科学サイドのエピソードと魔術サイドのエピソードはさながら別作品のよう。

登場人物もテイストも全く異なる物語を楽しみながらも、2つの世界が交差する時にテンションが最高潮になる。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

  

この素晴らしい世界に祝福を!

 

 

  • 異世界転生ものギャグアニメ
  • 可愛いけどポンコツの女の子に囲まれたパーティ
  • 2011年作品 全25話

 

異世界転生ものには珍しい、100%ギャグで構成されたアニメ。

 

ファンタジーやRPGのお約束はある程度守りつつ、最終的にはしっかりとギャグで落とす徹底ぶり。

ギリギリのところまでシリアスと見せかけても、必ずギャグで締める。

 

紅魔族の少女である、めぐみんというキャラクターが非常に人気が高い。

f:id:big-sosu:20171206010833j:plain

引用:© 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会 『この素晴らしい世界に祝福を!』より

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

  

オーバーロード

 

 

  • ゲームの世界に閉じ込められる
  • 主人公はアンデットで圧倒的に強い
  • 第1期:2015年作品 全13話
  • 第2期:2018年放送予定

 

現実世界でサラリーマンをしていた男性が、普段プレイしていたオンラインゲームの世界に閉じ込めれられるという作品。

こういった設定の作品はいくつかあるが、特徴は突き抜けて主人公無双である点。

 

ゲームプレイ時代に相当極めたようで、作中に出てくるいかなる強キャラも全く問題にしない強さを誇る。

世界観自体は魔法や戦士、モンスターの類が登場するファンタジーなもの。主人公無双ですっきりしたい時には良い作品。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ばらかもん

 

 

  • 都会の書道家が長崎県の島に移住
  • 島の人々との触れ合いを描く
  • 2016年作品 全12話

都会で育った書道家が諸般の事情で長崎県の五島列島に移住し、現地の人々と触れ合いながら何かに気づいていく。。という筋書き。

 

何となく見始めたが、自然描写の美しさや、島の人々の個性溢れるキャラクターに引き込まれて最後まで見続けてしまった。

メインキャラクターである少女「なる」の演技がなんとも癖になる。 

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

Re:ゼロから始める異世界生活

 

f:id:big-sosu:20171207002812p:plain

引用:© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 『Re:ゼロから始める異世界生活』

 

  • 異世界に転生した引きこもりの話
  • 死に瀕すると時間を巻き戻すことができる『死に戻り』を駆使して頑張る
  • 全体的に心が痛くなる展開が多い
  • 2016年作品 全25話

 

かなり人気が出た作品。

 

所謂タイムリープもの×異世界ものというジャンルだが、非常に重苦しく心を締め付ける展開が特徴的。

シナリオは常に緊張感に溢れ、なんというか途中で観るのをやめられない魅力がある。

 

主人公は死亡すると記憶を引き継いだまま一定の場面まで時を遡ることができる。

未来の展開を知った上で望むべく結末に辿り着くために奮闘する、ゲーム的な楽しさもある作品だ。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ゼーガペイン

 

 

  • 舞浜の高校生がロボットに乗って戦う
  • SF色強めのロボットアニメ
  • できればネタバレを避けてほしい
  • 2006年作品 全26話

 

CGで描かればロボットが戦うアニメなのだが、一部界隈でとてもとても高い評価を得ている作品。

 

シナリオの性質上、初見の場合はネタバレを避けて頂いた方が楽しめるだろう。

そのため多くを語ることはしないが、本作品について有識者の間で「6話まで待て」と言われることがある。

 

 

うん。6話まで待とう。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ひぐらしのなく頃に

 

f:id:big-sosu:20171209232908j:plain

引用:©2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 『ひぐらしのなく頃に』より 

 

  • 時代は1983年、架空の田舎の村が舞台
  • 『オヤシロ様の祟り』と言われる悲惨な連続事件と、謎解きの物語
  • 第1期:2006年作品 全26話
  • 第2期:2007年作品 全24話

 

かなりの有名作品だが、簡単に紹介すると

田舎の学校に通う中学生たちを中心に据え、田舎で起こる怪奇事件の謎を解き明かしていく話。

 

可愛らしいキャラクターデザインとは裏腹に、容赦ない惨劇が描かれる点で話題になった。何も知らずに観た場合は大きな衝撃を受けることになるだろう。

 

第1期と第2期を全て見ることですっきりとするが、話数が多い。

とは言っても観始めれば止まらなくなる可能性が高いので、問題にはならないかもしれない。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ノーゲーム・ノーライフ

 

 

  • 『ゲームの勝敗』で全てが決まる異世界
  • ゲームでは負けなしの兄妹が挑む
  • エルフや竜など、ファンタジー要素あり
  • 2014年作品 全12話

 

全ての物事が『ゲームの勝敗』に左右されるという盟約によって縛られた異世界が舞台

 

現代社会のゲームにおいて無敗を誇っていた兄妹が転生するのだが、心理戦や駆け引きに強い兄数的処理や記憶力に長けた妹といった具合に役割分担があるのが面白い。

 

ストーリーも、ひたすらゲームを行うだけでなく国取り合戦的な要素があり面白い。

エルフやドワーフ、竜種など多数の種族(なんと16種類)が存在するファンタジー世界が舞台となり、それぞれの種族には明確な力関係がある。

 

あくまでもゲームで欲しいものを手に入れるという盟約を武器に、2人の兄妹が圧倒的な実力で、序列的に最下位とされる人類を進軍させていく筋書きが熱い。

 

世界観や設定自体はシリアスなものだが、全体的な作風は明るめで、ギャグシーンも勢いがある。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

弱虫ペダル 

 

 

  • 高校の『自転車競技部』を描くスポーツアニメ
  • ロードレーサー等、自転車競技の知識がつく
  • 第1期:2013年作品 全38話
  • 第2期:2014年作品 全24話
  • 第3期:2017年作品 全25話
  • 第4期:2018年放映予定

 

自転車競技と侮るなかれ、下手なスポ根作品よりずっと熱い。

 

オタクの少年が自転車競技に出会い、才能を開花させていくという筋書きを、そこに先輩や他校のライバルなど強烈なキャラクターたちが彩る。

 

展開自体は王道で暑くなるのだが、加えて自転車競技に関するセオリーやテクニックが原理付きで解説されるため、それも観ていて楽しい。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

キルラキル

 

 

  • 強力な力を授ける制服『神衣』を着て戦う女子高生の話
  • とにかくノリと勢い!細かいことは気にしない!
  • 2013年作品 全25話

 

服を着て強くなるという単純明快なコンセプトのバトルアニメ。 

 

父親の仇を求めて女子高生が戦うというシンプルな筋書きだが、戦闘シーンやギャグシーンはもちろん、日常描写までの勢いの良さが凄まじい。

 

観ていて本当に気持ちいい作品で、時々勢いに負けて目頭が熱くなったりする。

 

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

凪のあすから

 

 

  • 人々が陸と海中に別れて住んでいる世界
  • 7人の少年少女の繊細な心情を描く
  • 第1部と第2部がある
  • 2013年作品 全26話

 

秀逸な心理描写と美しい作画が見所。

繊細な恋心や、思春期特有の気持ちの移り変わりの描写は胸が苦しくなるくらい訴えかけてくるものがある。

 

作中屈指のイケメンキャラである紡くんのイケメン発言とイケメン行動に注目してほしい。

 

f:id:big-sosu:20171206000230j:plain

引用:©Project-118/凪のあすから製作委員会 『凪のあすから』より

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

進撃の巨人

 

 

  • 言わずと知れた有名漫画が原作
  • 人を食う巨人と、それに抗う人々
  • 絶望的な展開と退廃的な世界観が特徴
  • 第1期:2013年作品 全25話
  • 第2期:2017年作品 全12話

 

紹介するまでもない有名作品。

ストーリーが面白いのは周知の事だが、 アニメで見た場合の映像美にも注目してほしい。

巨人の不気味な挙動は漫画以上に恐怖を煽られるし、立体機動装置を用いたアクションはさながら実写のスパイダーマンのようだ。

 

原作は連載中の漫画だからか、一部テンポが悪いと感じる場面もあるが、全体を通して引き込む力が非常に強い作品。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

フルメタル・パニック

 

 

  • 軍人主人公が普通の高校に通う
  • 架空の人型兵器『アームスレイブ』を用いたバトルアクション
  • 現在までに全3期が放送、けど2期だけ完全にギャグアニメ
  • 2018年に第4期の放映が予定されている
  • 第1期:2002年作品 全24話
  • 第2期:2003年作品 全12話
  • 第1期:2005年作品 全13話

 

軍隊上がりの主人公が、任務のため一般の高校に通いながら少女を護衛するストーリー。

兵士としての常識が一切通用しない学生生活の描写を楽しみつつ、一方では巨大な陰謀に立ち向かうという二面性のある作品。

 

架空の人型ロボット兵器が登場するものの、リアルなミリタリー知識などもスパイスとして随所に散りばめられている。

主人公『相良宗介』が得意げに軍事知識を語る様は観ていて小気味良い。

f:id:big-sosu:20171206002952p:plain
引用:© 賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners 『フルメタル・パニック』より

 

本編のストーリー自体はシリアスなのだが、なぜか第2期は全編ギャグアニメとして放映された。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

花田少年史

 

 

  • 事故で幽霊が見えるようになった子供が主人公
  • 彼らの生前の未練を果たすため、半ば強引に奔走する話
  • ホラーじゃないよ、明るい話も多い
  • 2002年作品 全25話

 

絵柄とタイトルで舐めてたら号泣することになった作品。

アニメタイトルとしてはメジャーじゃない作品だけど、すごくお気に入りになった。

 

泣けるは泣けるんだけど、なんというか

悲しくて出る涙じゃなくてあったけぇんだ。

 

坊主頭の主人公(↑)がだんだん可愛く見えてくるし。。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

そらのおとしもの

 

 

  • エッチな中学生が天使の少女と出会う
  • 笑えて泣けるぶっ飛んだシナリオ
  • 8割はギャグとお色気
  • 第1期:2009年作品 全13話
  • 第2期:2010年作品 全12話

 

これも好きなんだよな〜。時々無性に観たくなる。

 

可愛い女の子のお色気シーンや、ギャグ一辺倒ではなく時々ホロリとくる展開があったりと、良いところが沢山あるアニメ。

 

個人的にはぶっ飛んだシナリオ構成が好みだったりする。

普通のギャグアニメなら、軽くツッコミが入って流されるような描写を大真面目にシナリオに反映させたりする。 

エンディングの演出なんかは一部で話題になった。

 

全体的なテイストやノリが肌に合うか、試しに観ていただきたい作品。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

 

 

  • 『ジョジョの奇妙のな冒険シリーズ』 第4部作品
  • 架空の田舎町『杜王町』を舞台に、街に潜む凶悪犯罪者と戦う
  • 主人公や敵達は、スタンド能力という特殊能力を用いて戦闘
  • 2016年作品 全39話

 

現在は第8部が連載中のジョジョの奇妙な冒険シリーズだが、未だに一番好きなのがこの第4部。

 

3部までは、主人公たちが知恵と勇気を武器に繰り広げる冒険と戦いを描いた作品だったが、この第4部は少し毛色が異なる。

それまでラスボスとして君臨してきた究極生命体や時を操る吸血鬼とは異なり、この第4部の黒幕はなんとデパート勤務の変凡なサラリーマン

 

 

↑この左側が主人公(高校生)で、右側がラスボス(会社員)。

 

この『吉良吉影(きらよしかげ)』という人物が黒幕となるが、スタンド能力に目覚めていることと、凶悪な犯罪を繰り返している点を除けば、几帳面な普通の会社員である。

 

なんなら物語開始時点で既に、純粋な戦闘能力では主人公陣営の方が優っている

主人公達と遭遇しないように逃げ切る事が、吉良吉影によっての勝利条件となるのだ。

そのためこの作品は、杜王町に隠れ潜み犯罪を繰り返す吉良吉影を主人公たちが追い詰める筋書きであるが、同時に吉良吉影の逃走劇としても描かれている。

 

このように敵側の視点が重きを置いて描写される点は、30年近く前に連載開始した作品とは思えない斬新さだと思う。

 

ジョジョの奇妙な『冒険』と題しているように、目的のために様々国を訪れる旅をするのが第3部までだったが、この第4部では基本的に杜王町のみが拠点となる。

家族や友人の住む『街』に潜む恐怖と戦い、『街』を守るのがコンセプトだ。

 

なお、第3部までのアニメと非常に絵柄が変わっているが、原作でもこの第4部の時期に画風が変遷していった。

 

最近実写映画にもなった。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

グリザイアの果実

 

f:id:big-sosu:20171219222146j:plain 

 

  • 特別な事情を抱えた5人の女子しかいない学校
  • に、軍役経験のある最強のイケメンが入学してくる
  • 少女たちの問題を型破りに解決
  • 第1期:2014年作品 全13話
  • 第2期:2015年作品 全11話

 

原作は年齢制限ありのPCゲーム、いわゆるギャルゲーの類だ。

しかし侮ることなかれ、物語が非常に評価されアニメ化まで至った作品なのだ。

単なるハーレムアニメと思ってはいけない。重苦しく、心をえぐる描写も多々あるのが特徴だ。

 

主人公『風見雄二』が、持ち前の行動力とスペックの高さで少女たちの抱える問題を強引に解決していき、どんどん惚れさせていく。

 

というシンプルな筋書きが第1期までだが、続く第2期からが本番だ。

主人公の過去から始まる第2期は、衝撃的な描写が連続しどんどん引き込まれていく。

 

僕は原作をプレイしファンになったクチだが、アニメも出来が良くて気に入っている。

第1期は尺の都合上はしょり気味だった節はあるが、第2期で出会う大きな衝撃はそのまま表現されており心が震えた。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

機動警察パトレイバー シリーズ

 

 

  • ロボットアニメのセオリーをぶち破った作品
  • 近未来の警察を描き、ロボットは車両扱い
  • 公務員や民間企業のリアルな描写
  • 旧OVA版:1988年作品 全7話
  • 機動警察パトレイバー the Movie:1989年作品
  • 機動警察パトレイバー2 the Movie:1993年作品

 

タイトルなら聞いたことある方も多いと思うが、「パトレイバー」は1980年代後半から展開されているメディアミックス作品だ。つい最近も実写映画が公開されている。

 

アニメという枠だけでも、2度に渡って製作されたOVAやテレビアニメ化、3度の映画化を果たしており非常に作品数が多い。

これに加えて漫画版や実写映画、ゲームまでも存在するのだ。

 

全て優れた作品であるが、個人的には劇場版1作目と2作目が至高だと思っている。劇場版の鑑賞前に、世界観を理解するため旧OVA版の全7話で予習しておけると尚良い。

その急OVA作品が、dアニメストアで視聴可能となっている。

旧OVAと劇場版1&2は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』で有名な押井守監督作品でもある。

 

パトレイバーの魅力は、とにかくリアルな社会描写だ。

巨大ロボットが活躍する作品とはいえ、主人公たちは地方公務員の警察官として描かれ、あくまでロボットは警察が管理する車両として扱われる。

ロボットアニメにおける敵の黒幕といえば、悪の科学者や宇宙からの侵略者あたりが定石であったが、この作品では外資系企業の企画課長がラスボスだったりする。

 

作中に登場するロボットは『レイバー』という産業用機械であり、レイバー業界(重工業)を取り巻く企業間の関係も色濃く描写されている。そこまでリアルに描くか!と何度も驚愕したものだ。

 

特に劇場版1作目は『OS』や『コンピュータウィルス』といった要素に着目しており、良く言われるのだが1989年の作品とはとても思えない先見性を持って製作されたことが伺える。

かつて、巨大ロボットがソフトウェアで動作していることを意識させたアニメ作品があっただろうか。

 

  • 旧OVA版:機動警察パトレイバー アーリーデイズ

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

Fate Stay Night Unlimited Blade Works

 

 

  • Fateシリーズの原点にして第2のルート
  • 過去の英雄を呼び出し戦う話
  • 劇場版クオリティの超綺麗な作画
  • 2014年作品 全26話(分割2クール)

 

元々Fateは2004年に発売されたPC用ノベルゲームなのだが、その内1つのルートを映像化した作品。

時系列的にはFate/Zeroより後になるが、シナリオが世に出たのはこちらの方が先である。

 

物語の核となる『聖杯戦争』のシステムについてはFate/Zeroと基本的に同じだが、全体的にこちらの作品の方が登場人物が若い。

というのも、主人公やヒロインが高校生だったりする。

 

相変わらず美しい作画と、現在に至るまで高い評価を得ているシナリオが原作のため当然面白い。

 

Fate/Zeroはこの作品の前日譚として描かれており同一の世界観を舞台としているが、視聴する順番はどちらからでも楽しめると思う。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

ちなみにお気に入りキャラクターはランサーのサーヴァント。好きすぎて個別に記事を書いたことがある。

www.yoshi-makasero.com

 

CLANNAD

 

 

  • 『家族』をテーマにした感動的なストーリー
  • 男子高校生が成長し、結婚を経て子供を持つまでを描く
  • 第1期:2007年作品 全22話
  • 第2期:2009年作品 全22話

 

もう基本だよね。

 

不真面目な男子高校生が、1人の少女と出会いをきっかけに、様々な人との交流を重ねながら家族の大切に気づいていく。

 

もしこの作品を観るのであれば、第2期である『AFTER STORY』までを観てほしいと切に願う。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

  

STEINS;GATE(シュタインズゲート)

 

 

  • 科学要素が強く重厚なストーリー
  • 普通(?)の理系大学生が、過去にメールを送る装置を開発しちゃう
  • 原作は「記憶を消して再プレイしたい」アドベンチャーゲーム
  • 2011年作品 全24話

この作品を超える衝撃に出会わせてくれるアニメは今後現れるのだろうか。

 

前半で伏線をばらまく段階を乗り越えれば、物語が一気に加速して止まらなくなる。

小難しい話を理解しなくても楽しめるので、驚きと感動に溢れた物語を是非視聴してほしい。

 

・【31日間無料】dアニメストア(公式サイト)

 

 

アニメ関連記事

www.yoshi-makasero.com

 

大画面で高画質!40インチ以上のおすすめ4Kディスプレイモニター9選

 

大画面で高画質な映像を楽みたい

 

よくわかる。きっと偽りない気持ちなのだろう。

 

PCと繋ぐ画面を探している場合、高画質のテレビを使うと高くつくが、ディスプレイモニター製品であれば概ね5〜10万円程度で多くのラインナップが存在する。

 

4K画質とは

4KのKは、数字の1000を意味する。

4Kの場合ピクセル数が3840×2160となるが、長編のピクセル数が概ね4000であるためこう呼ばれているのだ。

 

フルHDという画質も聞いたことがあると思うが、こちらのピクセル数は1980×1080となっている。フルHDと4Kと比較すると、縦も2倍・横も2倍のため、掛け算で4倍きめ細かい映像ということになる。

 

きめ細かいとはすなわちピクセルが小さいということだ。つまり、フルHDのピクセルを1/4の大きさにしたものが4Kということになる。

 

特に大画面で映像を楽しむ場合、この差は非常に重要だ。画面の大きさに比例してピクセルも大きくなるため、きめ細かい画質が非常に重要となるのだ。

 

おすすめの大画面4Kディスプレイモニター

というわけで、数ある4Kディスプレイモニターのなかからおすすめの製品をピックアップする。

大画面ということで、今回は40インチオーバーのものをラインナップした。

 

1.Dell ディスプレイ モニター P4317Q/4K/42.5 インチ

  • 最大4つの独立した映像を出力可能
  • 画面サイズ:42インチ
  • パネルタイプ:IPS, 非光沢
  • 解像度:3840 x 2160 (DP only)
  • 輝度:350 cd/m²
  • コントラスト比:1000:1
  • 応答速度:8 ms
  • 入出力端子:DP1.2、mDP1.2、HDMI1.4(MHL)x2、VGA、RS232出力
  • 付属ケーブル:HDMI、DP to DP、mDP to DP、USB

 

安定のDell製品。

基本的な入力端子は揃っているが、HDMIはバージョン1.4なので、4K/60fpsを実現するにはDisplay Portからの入力が必要だ。

ということで、Mac製品などと接続するのに丁度良いかもしれない。

 

パネルはマットなIPSで視野角が広いので、美しい映像をいろんなアングルから楽しめる。

 

2.Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ BDM4350UC/11

  • 画面サイズ:42.51インチ
  • 解像度:3840x2160 4K
  • パネル:IPS
  • バックライト:W-LED システム
  • 入力端子:D-Subx1、HDMIx2、DisplayPortx2/USBポート:USB 3.0 ×4
  • スピーカー:内蔵(7Wx2)
  • 応答速度:8ms(GtoG)、SmartResponse:5ms(GTG)
  • アスペクト比:16:9
  • コントラスト比:1200:1
  • SmartUniformity機能による明るさの均一化

こちらもIPSパネル製品のため視野角が広い。

7Wのスピーカーが内臓しているため、このディスプレイモニターから直接音声を再生できる。

 

フィリップスというメーカーの製品だが、SmartUniformityという機能により画面全体で明るさにばらつきがなく、均一な明るさと色味で使用できる。

大きいディスプレイモニターなのでこれはありがたいだろう。

 

デザイン面では、画面が大きいこともあるがフレームが薄く見えるのでスタイリッシュだ。

 

3.Acer モニター ディスプレイ EB490QKbmiiipx 48.5インチ

  • 画面サイズ:48.5型ワイド
  • 解像度:3840x2160 4K
  • パネルタイプ:IPS、非光沢
  • 入力端子:ミニD-Sub15ピン、HDMI v2.0 ×1、HDMI v1.4 ×2、DisplayPort v1.2
  • 10Wスピーカー搭載
  • フリッカー現象を抑える「フリッカー・レス」
  • 複数画面を同時表示可能
  • 4Kテレビ放送に対応するHDCP2.2対応

 

Acerの大画面4Kディスプレイモニター。

眼精疲労を引き起こすと言われる「フリッカー現象」を抑えてくれる機能がある。

 

チューナーは別売りだが、接続すれば4Kテレビ放送を視聴することもできる。

 

 

4.Acer モニター ディスプレイ ET430Kwmiiqppx 43インチ

  • 画面サイズ:43型ワイド
  • 解像度:3840×2160 4K
  • パネルタイプ:IPS、半光沢
  • 入力端子:HDMI v2.0 x 2 (HDCP2.2対応)、DisplayPort v1.2、Mini DisplayPort
  • ヘッドホン端子搭載
  • 輝度:350cd/㎡(白色LED)
  • 応答速度:5ms (GTG)
  • 7Wスピーカー搭載

 

一個前と同じAcer製品で、こちらは43インチ。

違いはパネルが半光沢な点と、こちらにはミニD-Sub15ピン(VGA)端子がない。

価格についても、こちらが約1万円ほど安い(2017年12月時点)。

 

5.I-O DATA モニターディスプレイ 49型 LCD-M4K491XDB

  • 4K対応で49型の大画面
  • [画面サイズ/解像度] 48.5型ワイド 
  • 3840×2160
  • ADSパネル / 半光沢
  • 最大輝度:350cd/㎡
  • 視野角:上下178°、左右178°
  • 応答速度:最大約4ms
  • [入出力端子/音声] HDMI×3(4K 60Hz・HDCP2.2×1)、アナログRGB×1、DisplayPort×1
  • ヘッドフォン端子×1 /スピーカー付
  • ブルーライト低減機能あり

 

珍しくリモコンが付属している。 

視野角が広いADSというパネルが採用されており、半光沢となっている。

 

ディスプレイそのものがブルーライトをカットしてくれる「ブルーリダクション」という機能も搭載されており、目に優しい使い方も可能。

※ただし画面が少し黄色味を帯びる。

 

ちなみに、同じくIO-DATA製のチューナーもよく一緒に購入されているようだ。

 

6.I-O DATA モニター ディスプレイ 43型 EX-LD4K431DB

  • 4K UHD 3840×2160
  • 大画面43型ワイド
  • ハーフグレア液晶ディスプレイ
  • DisplayPort/HDMI1(4K 60Hz、HDCP2.2)/HDMI2/HDMI3など豊富な入力端子
  • 4K対応ビデオカメラで撮影した動画も簡単接続 ※別途ケーブルが必要
  • リモコン付属
  • 外形寸法(W×D×H):スタンドあり970×217×597(mm)、スタンドなし970×90×565(mm)
  • 質量:スタンドあり9.1kg、スタンドなし8.8kg

 

同じくIO-DATA製品で、こちらは43インチ。

画面サイズ以外は先ほどの『LCD-M4K491XDB』とほぼ同じだが、サイズの違いにより価格には差がある。

 

7.DMM.make DME-4K50D 50インチ

  • 4K UHD 3840×2160
  • 大画面43型ワイド
  • ハーフグレア液晶ディスプレイ
  • DisplayPort/HDMI1(4K 60Hz、HDCP2.2)/HDMI2/HDMI3など豊富な入力端子
  • 4K対応ビデオカメラで撮影した動画も簡単接続 ※別途ケーブルが必要
  • リモコン付属
  • 外形寸法(W×D×H):スタンドあり970×217×597(mm)、スタンドなし970×90×565(mm)
  • 質量:スタンドあり9.1kg、スタンドなし8.8kg

  

DMMが発表した、低価格が売りの大画面4Kディスプレイモニター。

こちらは50インチだが、65インチ製品も販売されている。

 

主要な端子など基本的なディスプレイモニターの機能は揃っているものの、品薄なのかAmazonでは価格が高騰している(2017年12月時点)。

 

8.LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ

  • 非光沢(ノングレア)42.5インチ
  • IPS 4Kモニター ディスプレイ
  • 42.5インチ/解像度:3840x2160
  • 表面処理:ノングレア(非光沢)
  • バックライト:LED
  • 入力端子:HDMIx4(Ver2.0x2,Ver1.4x2)、DisplayPortx1、USB Type-Cx1、RS232Cx1
  • スピーカー:(10Wx2 Rich Bass対応)搭載
  • リモコン付属
  • VESA対応:200x200mm
  • 製品サイズ(WxHxD mm):967x624x233、重量(kg):13
  • 応答速度:8ms(GtoG)
  • 輝度:350 cd/㎡
  • アスペクト比:16:9
  • コントラスト比:1000:1
  • 視野角(水平/垂直、標準値):178°/178
  • 表示色:10億7000万色
  • 表示領域:941x529/画素ピッチ:0.245mm
  • 付属品:HDMIケーブルx1、DisplayPortケーブルx1、USB Type-C-A変換コネクタ、リモコン、取扱説明書(CD-ROM)、保証書(3年保証)

 

LGのディスプレイモニター。

USB Type-Cの端子が搭載されているため、新型のMacBook Proなどと接続可能。USB Type-Cはまだ新めの規格なので、搭載されている製品はあまり多くない。

 

もちろんHDMIやDisplay Portも標準搭載されており、スピーカーも内臓されているため汎用的に使える。

価格も比較的手を出しやすい。

 

こちらもリモコンがついている。大きめのディスプレイモニターは離れて使うことが多いだろうから、リモコンが付属しているのだろうか。

 

9.JAPANNEXT JN-VT5500UHD 4K 55インチ液晶ディスプレイ

 

  • 4K (UltraHD) 3,840×2,160ドット
  • 60Hz (HDMI 2.0)
  • 10bit 半光沢(グレア)パネル
  • 55型ワイド液晶モニター
  • ポート:HDMI 2.0x4、イヤホン出力x1、スピーカー:10Wx2

 

圧巻の55インチ。

コントラストの高い6000:1のスーパーVAパネルを搭載しているモデルで、視野角も178°と広い。

HDMI端子を4ポートも備えており、60fpsのフレームレートも実現可能。スピーカーまで内臓している。

 

例によってリモコンが付属。

 

ディスプレイモニター関連記事

Copyright © 2017-2018 よし任せろ! All rights reserved.